TOP >  副業の嘘と真実

副業の嘘と真実

symbol_information インターネットに出回る副業情報は、嘘や間違いだらけの情報ばかり。騙されない為には、信頼できる内容を実践していきましょう。ちなみにこのサイトもアフィリエイトサイトです。 世の中の副業サイトは、このアフィリエイトメルマガで報酬を得て稼いでいます。


 

ネットで紹介されている副業のここに注意!!


  • ポイントサイト」は、お小遣い程度なら稼げるが、副業と呼べる収入にするにはほとんど不可能。だが、短時間で数万円稼ぐなら誰でも可能。もっとも気を付けたいフレーズは、たくさんのポイントサイトを登録しようという言葉。実際には一つ二つ登録すれば十分。 詳しくはポイントサイトで稼ぐコツ

  • 「無料メルマガ(メール)登録」は、登録者を増やしてメールで商品を売りつけてくる手口。しかし最初の情報は意外にいい情報が多いので、その情報だけ仕入れて、商品は購入はしないのが、賢い方法。利用される前に利用して商品の紹介が来たら解約すべき。

  • 情報商材の嘘」
    これは稼げる方法といって、ちょっとした内容(ほとんど他の人の情報)をレポートやDVDなどを作成して販売して稼ぐ方法です。実際に稼いでいる金額は、その販売した情報商材の金額。なので、購入するメリットはないといってよいでしょう。

  • よくあるパターンを紹介
    ページ上段でもっともらしい事を書いたり、ためになるような内容を紹介する事で、読んでいくうちにページ下段にいくと誘導ページへ案内する方法。


    紹介例 儲かる~ランキングはここ。無料でメールを読むことで~を教えます。などこういったものを見極めるには、そのサイトの他のページを読む事。下段に同じ内容の誘導の道があったら、それが勧誘への道しるべ。避けるのが賢明。


    要するに どのページを見てもそこへ導く案内があるものは、蜘蛛の巣のようなもの。引っかかってはおしまいです。


結局役に立つような当たりの内容はほとんど皆無といってよいので、購入するのはやめておきましょう。100個購入して一個当たればよいくらい。


そんなリスクを背負わなくても、世の中に出回っている無料情報をかき集めれば、十分稼ぐことは可能です。誘惑に負けないようにしてください。


一日数十分の作業で~万円稼ぐ方法とは


昔からよくある、ネットで検索するとよく出てくる一日10分で稼げる、毎日一時間の作業で稼げると書いてあるテクニックはアフィリエイトの事ばかりです。


裏ワザも紹介されていますが、日々進化している検索エンジンにとっては一過性の情報でしかありません。一瞬はうまくいくこともあるでしょうが、続かないのが、この世の中の常識。買うのはやめておきましょう。


最新の稼ぎ方」とうたっている商材にも色々あって、本当のことを書いてあるのもあれば儲けるために、もう通用しない情報を販売しているのもよくある話。


実際購入しても、素人にはわからない内容ばかりなので、最新の情報はネット検索で 整合性をとりましょう。要するに買わない方が賢明という事です。


よく~は数%の人しか稼げていないと書いてありますが、それはどの分野でも同じこと。プロ野球選手になれるのも芸能人になれるのも、映画俳優になれるのも数%。副業で成功する人も同じことです。


だからそんな内容を書いてあるページも、あなたをそこへ導く何かを仕掛けています。


結局成功する人はどこを見渡しても数%です。他のブログなどでこういった事を書いてあるのは当たり前の事なので、まずは、稼ぐ種類を知って取り組んでみることです。ネット副業の種類を知るへ。成功する人の共通点は、とにかくなにかアクションをおこしています。


安定収入を目指す場合

こういった手堅い場合は、稼ぐ収入にも限界はあります。例えばパートやアルバイトであったり、在宅ワークや内職などの類はこれにあてはまります。安定収入を目指す方が、返りは少ないですが確実なのが真実です。


それ以外では小遣い稼ぎのアンケートなどが、安定した収入が見込めます。どちらにしろ労働量×単価の図式があてはまる確実性の内容なのを頭にいれておきましょう。


それ以外の投資であったり、動画投稿やアフィリエイトなどは、コツを掴めば、大きく稼ぐ可能性はありますが、簡単ではないのも事実です。世の中、簡単に稼ぐ方法は、お小遣い程度の収入ぐらいのものです。その事実はしっかり押さえておきましょう。


ネット副業のまとめ

  1. ポイントサイトを複数登録するよう勧めてくる所はページを閉じること。
  2. 有料情報は迷った場合は購入しないこと。
  3. 有料は買うのではなく、自分が作って販売すること。
  4. 手堅く行くのなら在宅関連かアンケートサイトをすること。
  5. 大きく稼ぐならアフィリエイトかメルマガを視野に入れること。
  6. 投資に手を出すなら、必勝ツールなどに手を出さないこと。
  7. 景気の上昇中なら消費が増えるのが見込めるネットショップを考えること。

参考ページは上記のボタンから内容を選んでください。