Bingウェブマスターに登録しておこう~備えあれば憂いなし


スポンサーリンク

現在では検索エンジンの主体はGoogleですが、それでもいつどのように世の中が変化するかわかりません。

そういった事態に備えてBingウェブマスターにも自分のブログやサイトを登録しておくことが、備えあれば憂いなしです。

マイクロソフト社

目次 番号を選ぶと読みたい所へジャンプします

パソコン
なんと言ってもあのマイクロソフト社が運営している検索エンジンですから、将来的にここがメインになる可能性も0ではありません。

ブログのURLとメールアドレスがあれば簡単なので、Bingウェブマスターと検索して登録しておきましょう。

すすめる理由

bing2
日本でのbing検索シェアは、恐ろしく低いが、仮に1%だとしても日本の人口が1億3,000万としたら1%でも130万人が利用していることになる。

実際はそこまであるかはわからないが、約100万人のアクセスを無視するにはちょっともったいないと思う。

またBingウェブマスターに登録する前に、Bingでこのブログを「ネット 副業」と検索したらまったく上位表示されていなかったのです。

登録することで何か変化があるのか、2週間ぐらい放置して確認したところ、上記キーワードであっさり2ページ目に表示されていました。

スポンサーリンク

訪問者数はわずかですが、積み重ねが大事なブログ運営では、やはりこういた事はきっちり行っておきましょう。特にビッグキーワードで上位表示されている記事やトップページがあれば、数パーセントでもあなどることはできません。

気付いた点

bing
このブログやもう一つのブログは中古ドメインを利用していますが、どちらも検索すると表示がされていませんでした。

しかし普通に取得した別のブログのドメインはきちんと表示されていました。偶然かもしれませんが、一応中古ドメインが嫌われている?傾向があるのかもしれません。

どちらもBingウェブマスターに登録した後。きちんと表示がされ、かつアクセスも増えてきたので今後に備えて登録自体は簡単ですから行っておきましょう。

別に使いこなす必要はないと思うので、ここでは使い方は書いていません。ご了承ください。

まとめ

matome
アップル社がBingの検索エンジンを使うかどうか噂されている以上、やるべきことはきっちり行っておきましょう。

いつ寝てる間に検索エンジンの大変革が起きるかもしれませんからね。

Googleウェブマスターツールも名称をSearch Consoleに変えた模様なので、どちらかというとこちらを使っていく方が現段階では、役に立つはずです。