初心者のための基本的なブログの書き方からブログタイトルの付け方まで


スポンサーリンク

ここではこれからブログで稼いでいくための、さらに一歩先を行く記事の書き方を書いていきます。まず考えてほしいのはインターネットで検索してくる人は何を検索してくるのかです。その根本は「疑問」「質問」「興味」など。

ということは記事を書くにはこれらを意識して、それに対する解決策が必要だということです。

その解決策と広告が一致した際に初めて成約につながるわけですから、この疑問点を解決できるような記事づくりを心掛けるようししてください。全ページは無理だと思うのでこういった記事を織り交ぜて書いていくようにしましょう。

LESSON1 根本的な記事の書き方

メモ
そしてアクセスが増えてきたら、もう一つブログを立ち上げて、同じような内容で記事を書いてみましょう。

全く同じ内容のコピペは当然だめですが、自分が書いた記事が上位表示されるなら、そこは手薄なキーワードに入るということです。

こうしてそのキーワードでの取りこぼしを少なくしたりすることで、確実に収益を上げていこうという考えですが、最初は面倒なので、ここは参考程度でもよいです。

LESSON2 基本的な文章の書き方

  1. h1~h4タグをきちんと使用する。

これが最も基本なことです。

見出しタグをきちんと利用するということですね。

このブログで言えば本文中に太字になっているところが見出しタグを使用していることになります。

イメージで言えば

  • h1はタイトル
  • h2は記事の全体像
  • h3はそれぞれの構成

といった具合です。

h1
h2
h3
h2
h3
といった流れで記事を書いていきましょう。もう少し細かく書くと

  1. 読みやすい文章を書くよう丁寧さも大切。
  2. 誤字・脱字のチェックをしておきましょう。見直せばおかしな文章も出てきます。
  3. コンテンツを整理する 見出し(hタグ)の利用は不可欠
  4. 新鮮な独自コンテンツを作る。コピペ(重複に類する)コンテンツは作らない
  5. 価値がない(情報量が少ない)コンテンツは作らない。最低でも1,000文字以上は意識する
  6. 信頼性の高い情報や独自の分析などを含めることでライバルサイトよりも価値を高める
  7. 大量生産されたコンテンツではない。変なツールで文章を作成しない
  8. メインの記事の邪魔になるほどの過度な広告がない。なるべくテキスト広告を活用する。
  9. 有用な詳細情報がきっちりと提供され信用出来る情報であり、誇大広告、表現は避ける。
  10. リンク切れがない。リンク切れチェッカーを使う。
  11. ユーザーが満足できる、納得できる、解決ができる内容を書いていく。

これらの事を実施しながら自分が好きなこと、興味があることを楽しみながら情報発信することで、お金が得られる可能性があるのです。

LESSON3 ロングテールキーワードを狙う

タブレットと男性
ロングテールキーワードとは、記事タイトルに含まれるキーワード+記事の中で使ったキーワードで検索されることをいいます。

スポンサーリンク

例えば記事タイトルが「ネットで稼ぐ方法」だった場合記事の中に、おすすめ、比較、ランキングなどを含めて書いたら

検索してきたユーザーが、「ネットで稼ぐ ランキング」「おすすめの稼ぐ方法」 「ネットで稼げるランキング」などで検索して訪れる訪問者が数多くいるということです。

それを狙うためにも、キーワードは数多く盛り込むように意識しましょう。

記事例

記事タイトル

「これは必見!思わず買わずにいられないキャンプグッズおすすめランキング」

ここでは~を紹介します

<h2>おすすめランキング</h2>

~などたくさんありますが・・・・
<h3>テント</h3>
おすすめのメーカーはABCで、使いやすく・・・です。この商品ではDEFも有名ですが使った感じではこちらが・・・・

その他たたみやすさ、柔軟性はピカイチで・・・・

機能は通気性がよく・・・・フジテレビのめざましでも紹介され・・・・タレントXYZさんも愛用

といった具合でキーワードを盛り込みましょう。ここでのキーワードは

おすすめ、ランキング、ABC、DEF、有名、柔軟性、通気性、フジテレビ、めざまし、XYZなどがロングテールを意識したキーワードと
なってきます。

ダメな例はABC,ABC,ABCなど連続して同じキーワードを使用することです。このキーワード選びはグーグルキーワードプランナーで

自分が狙う複合ワード、ここでいえば キャンプグッズ おすすめ ランキングを入力して出てくるその他のワードを盛り込むように
しましょう。下記が使い方です。

Google Adwordsキーワードプランナーの使い方

LESSON4 どのようなキーワードを狙うか

暗証番号
あとはキーワード検索する際、ヤフーを開くとヤフーの検索窓に キャンプ と打ち込むと一覧でその他キーワードが出てきます。それらを記事タイトルや本文に盛り込むようにしていきましょう。グーグルも同様です。

また検索結果の後、ヤフーの場合一番上と一番下にその他検索されている複合キーワードの例がいくつか出てきます。検索ボリュームが多ければ多いほど、その例は多いのでそのワードがBIGキーワードであることもわかってきます。

それらも同様に記事タイトルや本文に盛り込むようにしていきましょう。同じキーワードは重ねて入れることを意識せず自然に盛り込めばOKです。

ある程度自分が書いた記事数が充実してきた場合、サイドバーやフッターにその記事をリンクさせましょう。それによってそのタイトルのキーワードからもロングテールキーワードとして拾ってくれます。

これらを駆使することで、意外なキーワードからアクセスが増えたりします。タイトルキーワード以外の訪問者が増えてきた場合、そのキーワードを使って新しく記事を書いていく、もしくはその記事の内容を濃くすることがさらなるPVを呼ぶ効果となります。

まとめ

あとはgoogleウエブマスターツールを使って自分のブログに訪れた、もしくは表示されたキーワードで新たに記事を書いていけば、さらにアクセスは増えるでしょう。使ったことがない人は下記参照してください。

Google ウェブマスター ツール 登録マニュアル

googleウエブマスターツールに自分のブログを登録した後に、ある程度時間(1か月以上)がたった際、

検索トラフィック→検索アナリティクス→クエリ

で自分のブログ記事がクリックされたキーワードと表示回数がでてきます。あとはその他アクセス解析を導入して、自分のブログを分析してください。おすすめは無料アクセス解析・エースアナライザー
です。

それでは次はアクセスアップの内容です。

スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク