ブログのSEO対策~検索エンジンで上位表示を狙う


スポンサーリンク

今世の中で言われているSEO対策は、優良なコンテンツを作る事です。じゃあ優良なコンテンツって何?という事ですね。

そもそもブログ運営していく中で、すべていい記事を書き続けていくのは不可能ですから、やはり他人のブログを参考にしてキーワードを変えて記事を書いたり、本屋へ行って購入した本の内容を自分流にアレンジすることです。

LESSON5 優良コンテンツ(良い内容の記事)

ノートPC

ちなみに注意点は他人のブログをそのままコピペして投稿すると完全NGです。

2割ぐらいまでなら大丈夫とどこかのブログで書かれていましたが、当てにならないのであくまで書き換えを重視してください。

じゃあ書き換えとは?という人は、このように書けば大体OK

「およそ2割ぐらいまでならいけるのではないか?とどこかのブログに書いていましたが、本当かどうか疑わしいのであくまで参考程度にしておきましょう。」

こんな感じです。しかしこのような記事ばかり書いても面白くないので、ネタがどうしてもないときなどに利用して、メインで使わないようにしていきましょう。これらは所詮人真似なので、優良記事ではありませんからね。

人の良い記事を抜粋して、自分流に集めてさらにパワーアップさせるほうが、よい記事はできあがります。そのためには人のブログなどを読むように心がけていきましょう。そのときのタイトルなども同様に参考にしてください。

このように自分の知識を書けるだけ書いたり、人の情報を参考にしたりして自分のブログの価値を上げていきます。

ちなみに文字数は初心者のための基本的なブログの書き方からブログタイトルの付け方まででも書きましたが、1ページ1500文字以上は必須です。特に競合ライバルの文字数が多いときは、それを上回るぐらいの情報量が必要となってきますが、もちろん多ければいいというわけではありません。

読者にとってのバランスも必要です。

LESSON6 タイトルには一番力を入れること

いくら中身(記事本文)で素晴らしいことが書いてあっても、検索キーワードで検索した人やソーシャル上で多くの人が目にする「タイトル=title」が興味を持たれなければ、誰もブログに来ることはありません。

例えば読者がネット副業と検索した場合、検索結果に出たタイトルを見ると

「ネット副業」

というタイトルと

「初心者が参考になるネット副業おすすめ10箇条」

では断然後者を選ぶということです。狙っているキーワードで上位表示されても訪問者がそのページに来なければ、検索ボリュームが少ないキーワードか、あなたの付けたタイトルに興味があまりないからです。

どんなにプロ並みの素晴らしい記事を書いても、「露出部分=タイトル」がダメならアクセス(訪問者)は増えていきません。

LESSON7 文章の読みやすさ

電卓
キーワードを並べる場合は、りんご、ばなな、みかんではなく表を使ったりulタグとolタグを適切に使い、文章を箇条書きでまとめることは、検索エンジンに端的にキーワードを伝えられるし、ユーザーにとってもわかりやすい文章構造となります。

  • りんご
  • みかん
  • ばなな
  1. りんご
  2. みかん
  3. ばなな

といった具合です。

また、サイト内リンクのアンカーテキストには、「トップ」や「こちら」のような誘導テキストではなく、リンク先のキーワードを用いたほうがSEO効果を期待できます。要するに自分の記事のタイトルをアンカーテキストとしてそのまま使いましょう。

ちなみにアンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストのことをいいます。下記がその例です。

アフィリエイトで稼ぐ副業の王様といえばこれがNO1

後は画像を駆使したり動画を挿入したりする事で視覚的にも色を付けるなどして、見やすい文章を書いていきましょう。

見出しのデザインをいじったりすることも、読みやすさを格段にアップさせます。後は下記のように表なども盛り込みたい要素です。

SEO対策 検索エンジン PV
リンク アンカーテキスト キーワード
外部リンク 内部リンク ペナルティ

これもスマホからでも表が崩れていないかチェックが必要です。

LESSON8 被リンク効果 外部リンク対策

人形
これは自分のブログに対して、他の人のブログがアンカーテキストと言ってリンクを貼ってくれることを言います。

最近ではリンク集などの業者がペナルティを受けて、軒並み圏外に飛ばされたといいますが、やはりあくまで自然にリンクを貼ってもらうことが重要なのです。

スポンサーリンク

そして現時点でもこの方法は、極めて有効ですが今後はどうなるかはわかりません。くれぐれもお金を払って沢山の被リンクを貼ってもらう事はやめておきましょう。

役立つブログやホームページ集で記事を作り、PVに応じてお金をもらう仕組みで稼いでいる人もいます。

ということは、私はやっていませんしおすすめはしませんが、誰かにまとめ記事を書いてもらい自分のブログのリンクを貼ってもらったりすることなどが、裏ワザといえるでしょう。

ばれた時のリスクが記事を書く人にはかなり高いので、お金を払うのも一つの手段でもあります。これらはあくまで私の考えなので、推奨はしません。あくまで自然な被リンクを獲得していきましょう。

後はアフィリエイター友達を作る事です。ページランクが高いブログやアクセスが多いブログの友達を作り自分へのリンクを相互リンクではなく一方リンクを貼ってもらう事です。

これも貼ってもらう条件としては、

  1. 自分の記事が優れていると相手が認めてくれた場合
  2. お金を払う
  3. ものすごく仲が良くなる
  4. 自分のブログが価値が高いなら、交渉して別のブログにリンクを貼るから、自分が所有しているもう一つのブログにリンクを貼ってくださいなどと交渉してみる。

この場合はブログが複数必要となってきます。

などが挙げられます。しかしやりすぎは禁物なので二つ三つくらいでやめておきましょう。ちなみに「知識・スキルの販売サイト【ココナラ】」では500円でこういったサービスをやってくれるブログがありますが、どれも中古ドメインを使用している価値のないブログばかりなので、くれぐれも購入はやめておきましょう。

ここまでは被リンク対策でした。ちなみにわたしは全て自然なリンクを貼ってもらっています。ネット副業の嘘と真実は中古ドメインなので最初からいくつか被リンクがついていました。

それ以外相互リンクも上記で挙げた裏ワザも一切やっていません。

要するに裏ワザも紹介しましたが、あくまで稼ぎ続けるためにはまともな方法をとり続けることです。ここが一番大切なSEO対策で、私もこの方法を押していきます。

裏ワザは一瞬の価値です。後ろめたい事をしなければgoogleのアルゴリズム変更があってもビクビクすることはないからです。

まとめると外部対策は何もするな!が結論と言えるでしょう。あくまで良い記事を書いていくことに重視しましょう。

LESSON9 内部リンク対策

内部リンクは簡単で第1章に書いたように、自分で書いた記事に他の自分で書いた記事のリンクを貼るだけです。あまり重複しないよう種類が(記事数)多いほどいいと思います。

関連記事や人気記事、おすすめ記事などサイドバーや本文やフッターにどんどん掲載していきましょう。

そのためにはある程度記事数が必要という事です。

ちなみにブログ上段にあるメニューは、かなり検索エンジンの影響が強く、ちょっとキーワードを入れたメニューをいれたりすると、あっという間に順位が落ちたことが何度もありました。

初期のアクセスが少ないときに、何度も変更するのはよいですが1日1,000PVまで行ったら、こういう順位が落ちる現象が起きることもあるので、メニュー内容だけは早めに固めておきましょう。

初心者のために書くと「ネット副業の嘘と真実」では以下の事を言います。

HOME お小遣い稼ぎ ブログ アフィリエイト 商品を販売して副業 その他

それだけメニューのキーワードはウェイトが高いと思っておきましょう。後はブログの書き方でも書いたようにロングテールキーワードを狙ったリンクも貼っていくことです。

LESSON10 スマホ対策と読み込みスピード

スマホ
WEBページの読み込み(表示)速度は、検索ランキングに影響を及ぼします。そのためにはWEBサイトをスマホ最適化していく必要があります。

ブログ運営をしている人はPageSpeed Insightsで点数を測ってみましょう。70以上が理想です。

またGoogleはあらゆるデバイスに対応したWEBサイトの設計方法として、レスポンシブwebデザインを推奨しています。レスポンシブとは簡単に言うとどのデバイス(パソコン、タブレット、スマホ)で表示されても読者が読みやすい、ブログ表示を行う事です。

パソコンではサイドバーは右に表示するけど、スマホでは全体が読みにくいので記事の下段に持ってくる。広告もバナー表示はレスポンシブを選ぶなど。

最近ではAMP対応など出てきていますが、これはスマホスピードの対策なので、やらなくても大丈夫ですが、やって損はないぐらいを考えておきましょう。

まとめ

これらを意識して記事作成、SEO対策をしていけばよほど欲張ったキーワードを狙わなければ、月間1万PVは半年くらいであっさりクリアできるでしょう。そうなってきたら後は記事数を増やすなどして、PVや広告収入が増えるのを楽しみにするだけです。

無論記事数や文字数は多いほど、ロングテールキーワードも拾いやすくなるので、羅列しないよう適度にキーワードを入れていきましょう。

おすすめの・・・・おすすめ・・・・おすすめと書くより、おすすめの・・・・比較としては・・・・これがランキング・・・・の方が断然おすすめの書き方です。

キーワードは同じキーワードを入れるより意識は少なくして、別々の種類のキーワードを積み上げていきましょう。

スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク