ブログで稼ぐコツを紹介。テーマを絞った内容がおすすめ


スポンサーリンク

ブログで稼ぐには無料ブログかワードプレスの導入が必要ですが、まったくの初心者なら無料ブログから始めてください。

そして操作をおぼえたら次へのステップへスタートしましょう。

ここを押さえておけばコツがつかめます

まずは色々いじって広告を貼れるレベルまでのスキルは必要となってきます。おすすめはファンブログ。広告が非表示にできるのが魅力的です。

無料ブログ作成手順に、作成方法を載せているのでまずは読んでみてください。

操作を覚えたら有料へ

そうは言っても、今の世の中ネットで検索すれば何でも 出てくるので、ある程度の操作をおぼえたらすぐに 実践しても問題ないでしょう。

操作になれたらいよいよ本番スタートです。他のブログサービスでもよいしファンブログでも構いません。

ただしテンプレート(ブログのひな形の事)が崩れたら 修復できなくなるので、バックアップできるブログサービスを選んでいきましょう。

なのでブログをはじめて最初にすることは、
バックアップの方法をマスターする事です。

マスターできたら次は広告のタグを貼れるよう 実施していきましょう。それには審査を受ける場合も あるので,ある程度記事数を書いてから審査を受けてください。

本番でする事はテーマとキーワード選定

いよいよ準備が出来たらまずはテーマを決める。 初心者がブログで稼ぐには、まず競合が少ないワードで 作成していくこと。

基本ネット検索は複合ワードで探しに来るから、 2つ以上のキーワードでブログタイトルを決める事。
初めてブログをするなら3つか4つのキーワードで攻めましょう。

ひとつふたつのキーワードではなかなか上位表示は 期待が薄いので、あまり気にせず複数キーワードを 意識しましょう。

そういった積み重ねをしていけば、ひとつやふたつの キーワードでもいずれ上位表示可能になってきます。

初心者が、何をテーマに始めてよいかわからない場合、下記がおすすめ

1.自分の出身地の紹介

観光地やおいしい食べ物、すなわちグルメブログや土産品、 遊ぶところ、隠れスポットや名所、写真があればなお良し。

自分の足で稼いで情報収集できるので、詳細を紹介しやすく、観光客や他の県の人からのアクセスが見込めます。

楽天トラベルでホテルの紹介をしたりヤフーショッピングや
楽天ショッピングのアフィリバナーを貼って、 クリックしてもらう。

グーグルアドセンスも当然一緒に挿入しておくこと。ページ数を増やしていけば、アクセスも増え自然に 報酬が増えるでしょう。

スポンサーリンク

またスポーツ関連。

例えばゴルフや野球、サッカーなどの紹介もすればグッズ関連やチケットなどの紹介もすることで、大幅収益が見込めます。

2.物販のブログを作る。

なるべく単品のブログをつくる。

どういうことかというと、あれもこれも紹介したらなかなかキーワードを 選ぶのが難しいので、例えば焼肉ブログと題して焼肉の話ばかりをテーマにつくる。

ゴルフのブログならスイングから雑誌の紹介や飛ぶボール、打ちっぱなしの料金、コースの紹介など。

テーマを絞った方がブログ事体の価値も高まるので、ある程度絞って作成していきましょう。これが初心者がブログで稼ぐおすすめのコツです。 まずは特化した内容で勝負していきましょう。

3.ブログがある程度完成したら、他のブログの訪問に時間を割くこと。

ブログが目安として30ページ以上できたら、 他のブログを訪問してコメントを残していきましょう。

自分のブログの宣伝などを行わず、ランキングボタンを 押しました。うちにも遊びに来てね。といったことで各ブログを回る。それを繰り返す事で、向こうもランキングボタンを 押してくれます。

相手のブログにおきてがみというツールがあれば、その可能性はぐっとあがるので、 見つけたら必ずコメントを残しましょう。

ブログを作った当初は、検索エンジンにもあまりひかからない ので、こういった事で訪問者を増やしておきましょう。半年はこういった地道な作業をしていけば、 地道にページ数も増え訪問者も増えます。

ランキングの順位はあまり気にしないように。

これを気にすると稼げなくなります。あくまで初期の訪問者獲得のための色々なブログ回りです。

それによって自分のブログの対策や問題点を 抽出していく事です。そのためには、使えるアクセス解析の導入も 初めから行っておきましょう。

おすすめは無料アクセス解析・エースアナライザー使いやすさはピカ一です。 広告も地味なので、無料で使うならここが使いやすいです。

ちなみに、使える無料ツールを読めばキーワード選びに使える内容も書いています。

次はアクセスを稼ぐ方法を書いてみました。結局ここが一番重要でもあります。これさえできれば、ブログの内容など多少悪くても何とかなります。もちろん悪すぎれば話にはならないですが・・・