ブリッジページは検索エンジンの評価に影響するのか


スポンサーリンク

ブリッジページとはグーグルアド関連が嫌うページつくりの事です。バナーだけを貼るイメージがこれにあたります。文字も1~2行そえるだけでは、同様にみなされます。

アドワーズやアドセンス広告が停止になるのもこれが一つの原因である場合が数多くあるので、どのようなものか知っておきましょう。

SEOへの影響

こういったページつくりをするとSEO的にもよろしくありません。検索エンジンの大元であるグーグルの期限を損なわないよう ページつくりが必要です。評価を気にしましょう。

とにかくまっとうな方法をとりましょう。やりすぎなければ大丈夫みたいなので、ほどほどにしておきましょう。

ブリッジページとはページ内に外部へ誘導する。バナーなどが説明がない、もしくは少ない状態で貼られている事を指します。

ブログランキングなどのパーツも これを指しますので、頭にいれておきましょう。

Googleから連絡が来たので聞いてみた

実際に筆者がうけたブリッジページは、サイドバーにタイトルとアフィリエイトの広告をいくつか並べたら、早速メールアドレスに このhttp://~はブリッジページにあたるので速やかに 修正して再審査に臨んでください。との内容でした。

要するにアフィリエイトするには、一列の文字とアフィリの組み合わせだけでは NGという事です。

例えばAのお店のアフィリエイトをするなら、読者がしっかり 情報を収集できる内容を提示してから紹介してくださいという事です。

スポンサーリンク

例  おすすめ商品  冷たいタオル(アフィリエイト広告)ではNG

もっと詳しく内容を書いてから、広告を貼ってくださいとのお達しです。 どのくらいの説明量まで必要かは書いていませんが、この程度では ブリッジページとみなされるので注意が必要です。

口コミをかいたり商品説明を書いたり、ランクを書いたりなど表示例もご丁寧に書いてありました。なのでより詳しく紹介しなさいという事です。

広告の貼りすぎは厳禁

最近では無料ブログやワードプレスでは関数を用いてサイドバーにテキストや 広告を挿入すれば前ページに同じ内容のサイドバーが表示される設定を行えるのでこういった、筆者が行った広告の表示は避けていきましょう。

どのみち上記の筆者が行った広告表示では、クリック率も低いので、一ページに丁寧に 商品の紹介したほうが成約率も高いので、グーグルの意見もかなりの的を得ているのもうなずけます。

アフィリエイトするならサイドバーではなく記事に挿入していきましょう。

とまあ、このように書いてきましたが、たまたま別件でグーグルの担当者からTELがあったので、ブリッジについて聞いてみたら、あまり検索結果に関係ないという答えが返ってきました。

どこまで本当かわかりませんが一応信じてみましょう。ただしやりすぎは禁物ですね。