LINEで稼ぐ方法~ワールドワイドビジネスで一攫千金を狙え


スポンサーリンク

今や全世界の人が利用しているLINEですが、意外にもこれを利用して稼ぐ方法が数多くあることを知らない人も多くいるので、ここでは紹介していきたいと思います。

無料でチャレンジできますから、まずは何かにチャレンジしてみましょう。スタンプ作成に絵心は全く必要ありませんから、誰もが可能性があると言えるでしょう。

稼ぐ種類

line

  1. LINEスタンプの販売
  2. LINE@で情報発信

今はこの二つが主流となってきます。まずは前者のLINEスタンプでの稼ぎ方を紹介していきます。

LINEスタンプの販売

LINEスタンプ
画像さえ用意できれば、誰でも審査に通れば販売できるLINEスタンプ。海外の人が購入してくれればおよそ全世界50億人(そこまでアカウントはありませんが)に対してのビジネスチャンスが広がってきます。

50円で100万人に販売できれば、5,000万円稼げるわけですから(ここから手数料は引かれる)非常に夢がある暇つぶしに作ってみる価値は十分あります。

なんと言っても小学生が作ったスタンプがテレビで話題になるわけですから、大人の私たちが負けるわけにはいきませんからね。

ちなみに審査に落ちると販売が数か月遅れるみたいなので、ガイドラインは目を通して作成しましょう。

もちろん審査条件は、常識範囲のスタンプさえ作れば問題ないので、そこは少し考えて作ればわかると思います。当然人真似や、危ないものはNGですからあくまで、オリジナルでインパクトがあるものを作りましょう。

最近ではスタンプも静止画だけでなく、動きがあるものまで出てきたので、こだわる必要はありませんが研究はしておくのも大切です。

絵的センスも上手である必要もなく、むしろ下手なぐらいがユーモアがあってウケる可能性もあるので、どちらかというと絵が下手な人のほうが、おすすめとも言えるかもしれません。

プロに頼むならスタンプファクトリーなどが有料ですが、詳しい詳細が掲載されています。

ココナラ なら500円でちょっとしたデザイン作成をしてくれるので、使い勝手の良さならおすすめです。

作成したスタンプを宣伝

出来たスタンプは、まずは身近な人に見てもらい評価してもらいましょう。そして購入してもらい使用することで、拡散(輪が広がる)し大きなビジネスチャンスとなります。要するに拡散がキーポイントです。

これから紹介するLINE@やフェイスブックなどでも仲間を増やして紹介していけば、さらなる拡散する可能性もあり口コミで広がればさらにチャンスは広がります。

LINE@が同じLINEなので最も広げるチャンスは大きいツールとなるので、ここでとりあえずアカウントを開設しておきましょう。ココナラ には、ツイッターやフェイスブックのフォロワーを増やしてくれるサービスがありますから、これらを組み合わせて一攫千金にチャレンジしてください。

などを色々利用して大きな可能性を広げていきましょう。特に動画は全世界にアピールできるので、必ずお押さえておきたい宣伝方法と言えます。

スポンサーリンク

日本語と英語で説明文を付けておきましょう。インターネット翻訳を使えば小学生でも日本語を英語に直せます。

LINE@で情報発信

ワールドワイドな情報提供にまで拡大したLINEですから、次のビジネスとしてfacebookやツイッターなどと同様に個人のアカウントを、今まで使ってきたアカウントとは別に立ち上げることができるLINE@

アフィリエイターなら各アプリの招待コードを送ったり、ポイントサイトの紹介コードを送ったり用途は様々です。しかもまだ知名度もそこまでないため、いかに早く自分のビジネスモデルで勝負していくかがポイントとなってきます。

トップアフィリエイターなら無料メルマガ感覚でこのLINE@を利用して、情報商材などを販売して大きく稼ぐ事は可能です。

友人やビジネス関連でも付き合いが多い人などは、このLINE@のアカウントを使って稼いでみましょう。

ASPならスマホ時代の突入ですからMoba8.netなどを利用して広告収入を稼いで行く方が、現時点では最も稼ぎやすい方法といえるでしょう。下記が稼いでいる人の実績です。

実績

アプリのダウンロードで報酬が発生しますから、うまく組み合わせて稼いでみましょう。いずれも無料でスタート可能なので、次のビジネスチャンスを取りこぼさないようにしましょう。

もちろんビジネス以外のプライベート利用でも十分活用できると思います。LINEの知名度を考えたらそれだけで十分仲間を作る事は可能ですからね。

利用者の一例

仲間
その他で利用がおすすめの人は、

  • ネットショップ運営者
  • サークル運営者
  • 主婦友(ママ友)
  • 学生メンバー
  • バンド活動
  • その他イベント主催者
  • ブログ運営者

などなど。

認証済みアカウントを取得することで、LINEアプリ内の検索結果に対して露出する可能性が増えるので、特にユーザーが少ない時には、大きなチャンスと言えます。

ショップ運営者はクーポンやチケットを配信することで、遠方からの顧客を獲得したり、安売りやお買い得チラシ情報を発信したり、様々なことができますからSNS時代でもある今の世の中に遅れない様参戦していきましょう。

まとめ

matome
主婦や学生などが稼げるようになった時代で、スタンプ販売はワールドワイドなビジネスチャンスがあり、一攫千金を狙うチャンスでもあります。

LINE@も早い段階でアカウントを作っておけば、それだけ露出も増えるわけですから何事にも重い腰を上げてチャレンジしてみましょう。

なかなかネットショップやブログの訪問者が増えない人や、個人でフリマアプリで商品を販売している人には無料で宣伝できるLINE@の利用も非常に魅力的です。

稼ぐためには入口(ブログ、フリマアプリ、アフィリエイト)は多い方が稼げる可能性は広がっていきます。悩むより行動しろ!それが稼いでいる人たちからすれば、当たり前のキーワードです。

スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク