上場投資信託ETFの稼ぎ方とメリットとデメリットを知っておこう


スポンサーリンク

ETFは「上場投資信託」の略称です。その名の通り、投資信託が上場したものなのですが、通常の投資信託とは違いがあります。ETFはほとんどが何かしらの「指数」に連動したものとなっていて、その指数の動きに沿って値動きするようなものとなっています。

通常、「日経平均を買う」ということはできませんが、ETFを利用すれば「日経平均が安い時に買って日経平均が高い時に売る」という取引が可能になります。

また、ETFは「上場」とついているように、証券取引所に上場しているので、他の株と同じように価格が変動します。そのため、1日の間にも売買を繰り返して利益を出すことも可能です。

ETFのメリットデメリット

チャート
ETFにはいくつかメリットがあり、

  • ETF内で分散投資しているため、銘柄にもよるが、暴落や暴騰などの急激な価格変動が起こりにくい
  • 最低1口単位で投資できるため、価格の低いものだと数万円から投資が可能
  • 通常の投資信託と比べて、信託報酬(投資信託の管理費のようなもの)が安く押さえられる
  • 種類が豊富で200銘柄以上から選ぶことができる

という点が挙げられます。

反対にデメリットもあり、

  • 個別株のように急に2倍や3倍になることはほとんど無い
  • 銘柄数は多いが、日々の売買が少ないものもあり、流動性が損なわれる場合がある
    という点が挙げられます。

上記のようなメリット・デメリットがありますが、上手に利用することでリスクを抑えながら利益を出していける商品です。

ETFの始め方

ETFを始めるには、証券会社に口座を開かなければなりません。投資信託の一種ですが、ETFは銀行では取り扱えないため、注意が必要です。口座を開設する証券会社は、どこで開設しても差し支えはありません。

市場を通して売買するため、証券会社によって商品数が変わることが無いためです。ただし、株式のように売買するものなので、証券会社ごとの手数料によって有利不利の差が出てきてしまいます。

ETFの売買を考えているのであれば、手数料の低い証券会社で口座を作った方が無難だと言えます。

ETFの稼ぎ方

お金
ETFで利益を出すためには、いくつかポイントがあります。以下のポイントに着目しながら銘柄選定や売買を行うことで、より利益を出しやすくなります。

稼ぎやすいとまでは言えないETFですが、株式取引と比べると初心者向けと言えるのがETFという金融商品の特徴とも言えます。

スポンサーリンク

長期保有で利益を出す

ETFは指数に連動すると解説しました。例えば「日経平均」という指数は日本の225銘柄の平均値をとった値段になりますが、当然上がることも下がることもあります。

ですが、通常の株価と違うのは、Aという銘柄を購入すると一生Aという銘柄のままです。

これは当然なのですが、日経平均は定期的に内部で銘柄の入れ替えが起こっているので、日経平均に連動するETFを保有しているということは、自動的に銘柄の入れ替えも起こっているということになります。

つまり、通常の株であれば、株価が戻るにはその銘柄個別のニュースが必要ですが、日経平均の場合は、業績が極端に悪い会社や株価が急落して戻らない場合などは銘柄の入れ替え対象となるので、代わりにその時点での優良銘柄が組み込まれます。

そうなると、保有しているだけで内部で自動的に入れ替えが行われ、日経平均そのものの値段も少しずつですが良くなることが期待できます。そうした意味で、長期保有で利益が出やすいのがETFの特徴とも言えます。

下がる時でも利益が出せる

例えば「日経平均インバース」のように日経平均が下がると値段が上がるというETFもあります。

通常、株価下落時に利益を出そうと思ったら、信用取引などを活用して空売りをしなければなりませんが、信用取引では資産の量によって制限があったり、初心者にはしきいが高かったりします。

そうした場合でも、値下がり時に利益の出るようなETFを利用することで、相場の悪い時でも利益を出していくことができます。

上がる時に、大きく利益をとることができる

チャート
ETFは値動きが緩やかと解説しましたが、一部例外もあります。例えば「原油ブル」や「日経平均レバレッジ」がその例外にあたります。

これらの特徴は、「実際の指数の動きの2倍の値動き」をするという点にあります。つまり、実際に日経平均が500円上がると、「日経平均レバレッジ」は1000円上がるという仕組みです。

このように、実際の指数よりも大きな動きをするETFを活用することで、株式よりもハイリスクハイリターンな投資方法として活用することもできます。

株以外のものにも投資ができる

例えば、ETFであれば「原油」や「金」などの株式以外の商品の値段を表した指数にも投資をすることができます。

つまり「金」の価格に連動する指数に投資するETFであれば、実際に金に投資をするのと同じような効果が得られます。

実際に金を取引してみると、手数料が高く、売る時には売り単価という単価になってしまい、なかなか利益を出すというのは難しいものです。ですが、ETFを活用して間接的に投資することでコストを抑えながら手軽に投資をすることができます。

まとめ

以上が上場投資信託ETFの稼ぎ方とメリットとデメリットを知っておこうでした。

これまでいくつか金融商品を紹介していきましたが、ETFは割と稼ぎやすい金融商品の一つと言えますが、当然元本割れもあるのでリスク管理はきちんと行っていきましょう。

スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク