転居する為に浮かせたい引越し費用を稼ぐ斬新な方法と予備知識を紹介


スポンサーリンク

引越しする前に読んでおくとより効果的な、費用を稼ぐ方法を紹介していきます。知っているものもあれば意外な利用方法もあるのでここは抑えておきましょう。

とりあえず分かりやすいように、移転先が家賃50、000円だった場合を想定して例を挙げていきます。

まずはどれくらいお金が必要か

hi
意外にあなどれない引越し金額。経験に基づいてどれくらいかかるのかを上記家賃を例に紹介していきます。

合間に費用を浮かせるテクニックも書いてあるので、隅々まで見逃さないように気をつけてください。

必要な金額の目安

他にもあると思いますが、主に金額が大きいものをピックアップしました。

家賃5万で想定した場合要求される月数計算した金額
敷金0~3ヶ月0~150、000円
礼金0~3ヶ月0~150、000円
仲介手数料0~1ヶ月0~50、000円
日割り家賃
20日から入居の場合
残り10日分の家賃約17、000円
入居月の家賃1ヶ月50、000円
引越し業者への費用荷物や距離に左右されるおよそ50、000~100、000円
退去時の精算費用状態が良ければ敷金は
いくらか戻る
修繕が多いと
敷金との差額分請求
およその合計約120、000円~
517、000円

上記の費用を見てもらえればわかるが、敷金礼金3ヶ月のところを契約した場合は最大で50万円以上必要となってくることがわかる。

これはもちろん何もしなかった場合なので、いかにここから行動を起こすかがポイントです。

値切れるものの予備知識

実は上に書いた表のものは全て値切れます。ダメ元で交渉してみましょう。親や恋人などに代わりに交渉してもらうのも一つのテクニックです。

日割り家賃は、家賃が値切れるので結果日割り家賃も安くなるということです。

値切りにくい物件は

  • 人気物件・・・いわゆる空き室がすくない物件。デザイナー物件などが当てはまります。
  • 新築物件・・・まだ新しいから向こうも強気な姿勢です。
  • ペット可の築が新しい物件・・・これも人気なので難しい。

値切りやすい物件

  • 空き室が多い物件・・・お気に入りの部屋が見つかったら他の階の空き状況を確認
  • 物件の掲載日・・・古ければしばらく入居が決まっていないので交渉しやすい。目安は半年以上空いている部屋
  • 修繕があまりされていない部屋・・・ここを直してくれないなら敷金か家賃を安くしてなど。

以上を交渉すれば、全体的にうまくいけば10万くらい費用を浮かせられます。ちなみに引越し業者も2社以上見積もりをとって、安い方を選ぶか、気に入った方に金額を合わせてもらいましょう。

スポンサーリンク

ちなみに敷金を値切っても退去時に請求される場合も多いので、ここはあまり交渉しないほうがよいかもしれません。

斬新な方法

どのような方法があるかといえば、非常に多くあるのでこのページでは紹介しきれないのです。

あえてあげるなら仲介手数料0円にするためには、お気に入りの物件が見つかったら、そこを管理している管理会社を探してそこで契約すれば0円になります。

これは宅建業法で決まっているのでこの法律を利用しましょう。月極駐車場での契約も同様です。

あとは楽天カードを作成して光熱費をカードで引き落とすようにしておけば、勝手に毎月ポイントが貯まっていきます。

ほかは別ブログになるのですが、お部屋探しの前なら初めての引越しや失敗しないために部屋を借りる前に読む最強バイブルを参考にしてください。引越し後でも可能ですが、少し実践できることは少なくなってきます。

目からウロコが落ちるような内容が書いてあります。このサイトは副業サイトなので引越し費用を稼ぐならポイントサイトで稼ぐコツなどを利用してみてください。

まとめ

お気に入りの物件が見つかったら、上記に上げた詳細をチェックして値切り交渉をする事が最も効果的です。諦めずに積極的に交渉しましょう。

以上が転居する為に浮かせたい引越し費用を稼ぐ斬新な方法と予備知識を紹介していきました。ダメ元でチャレンジして1円でも引越し費用を稼ぎましょう。