ホームページを作る。HTMLやCSSを学ぼう。


スポンサーリンク

現在主流のホームページつくりはワードプレスなどのCMSですが、それでも初心者には敷居が高かったりするので、まずはソフトを購入して、基本操作を覚えるのも一つの手段です。

それぞれの言語を覚えなくてはいけませんが、熟知までは不要なので、まずは基本を覚えましょう。

まずは操作に慣れる

ブログに比べて敷居が高いホームページ(以下サイトと呼びます)作成するならパソコンのメモ帳からできたりしますが、初心者はホームページビルダーなどを購入して始めましょう。

作成手段

ホームページ・ビルダー18 通常版 DL版 [ダウンロード]

新品価格
¥9,790から
(2014/5/30 23:27時点)

ある程度無料ブログで経験を積んでいるなら、ワードプレスから始めてもよいですが、言語の知識はなくても大丈夫です。ネット検索で探せばすぐわかります。

投稿と固定ページ

ちなみにワードプレスでサイトをつくる場合、投稿ではなく固定ページというものを駆使します。それはまた別の機会で紹介できればいいと思います。

今現在、色々なワードを検索したらブログよりもサイトのほうが検索上位に入りやすい手ごたえを感じています。

実際ブログとサイトだとサイトのほうが今後は有利になるでしょう。ということは、ホームページの作成方法も学んでおきましょう。

タイトルにもありますがHTML言語やCSSを学ぶ必要があります。といっても私も詳しくはありません。

基本的に目を通しただけで、なんとなくニュアンスを掴んでいるだけです。

要するに文字やデザインを自分好みにしたい人が学べばよいので、そうでもない人は、別に勉強しなくてもよいです。

スポンサーリンク

まあ、失敗は増えるでしょうが・・・

ワードプレスなどは便利機能(プラグインといいます)があるので、大体の悩みはこれで解決できると思います。

サイト作りのむずかしさはページ数を増やす事です。

ブログだとテーマに関係ないくだらない記事を書くことでページ数を大きく増やせますが、サイトの場合、特にくだらない記事を書く構成にはしづらい部分があります。

まあ、くだらない記事を多く作るメリットはないのですが・・・

なのでサイト作成の場合、ひとつひとつの要素を広げてページ作りをしなくてはいけません。

わかりやすくいうと、ワールドカップで日本が決勝進出したというテーマだった場合、ワールドカップの歴史を書いたり、事件を書いたり決勝のデータを書いたりすることで、枝を広げていくという事です。

テーマを深く掘り下げる事でページ数は増やす事が、できるようになってくるでしょう。文章の上手な書き方も書いていますので 合わせて読んでください。

たまに見かけるテクニックは、ひとつのドメインでブログとサイトを作っている所も見かけます。

それ以外に考えられるテクニックは独自ドメインでサイトを作り、サブドメインでブログを作ってリンクさせる方法。

ヤフーなどのドメインを見ているとこの方法で各ページ作りなどを行っているのが、うかがえます。

物販のサイトを作るなら、メインのサイトが電化製品で、サブドメインに各カテゴリーのブログやサイトを作るのも一つのテクニックです。

まとめ

要するにメインが電化製品。サブドメインがテレビだけのサブドメイン。電子レンジだけのサブドメイン、冷蔵庫のブログなどを作るという事になります。

これを行う事で関連性がアップして、被リンク効果も加わり大きなSEO対策になる方法の一つだと思われます。

うまくいかなかったらリンクを外せばよいので、物販サイトを作るならチャレンジしてみましょう。

やっぱりブログからという人は初心者がブログを初めて学ぶ事を参考にしてください