ネットを利用して自宅にいながらイラストやロゴ・デザインで稼ぐ


スポンサーリンク

今やインターネット社会では、様々な稼ぎ方が存在しますが、自分の特技を活かしてお金を稼ぎたいと思う人は世の中にはたくさんいると思います。

そんななかで、イラストやロゴ・デザインなど美的センスが問われるやり方でお金を稼ぐ方法をいくつかピックアップしていきますので参考にしてみてください。

デザインというのはそれぞれ個性がありますから、100人が100人に受けるわけでもなくまた自分が作ったデザインが気に入られるかどうかは、その企業の担当者の好みに左右されてしまうというのが、現実社会の実情です。

という問題点をクリアしてくれるのが、まさにインターネットの活用と言えるでしょう。

スキルを活かそう

花
自分の得意分野を活かすには、こういったアート系に限らず様々な種類があると思いますが、稼ぎ方のコツとしては

  1. とにかく色々行う
  2. 高額収入をターゲットにする
  3. たくさんの人に見てもらえる場所を探す

といったことが基本です。

ということは、これらをクリアしていくにおすすめの企業をピックアップしてみましたので、色々チャレンジしてみてください。

クラウドソーシング

クラウドワークス
言わずもがなの在宅でできるお仕事のことを言います。当然ですがイラストやロゴ・デザイン関連のお仕事も豊富に揃っています。

なおかつ報酬額まで掲載されているので、とにかくお金重視の人なら選びやすい環境が整っていることがわかると思います。

デザインセンスがなくても出来る仕事もありますから、趣味で書いている人にもまさに実用性は高く利用可能です。

Macやイラストレーターのソフトがなくても稼げる内容は当然あります。パソコンでもスマホでもタブレットでもありますから、まずは内容を見てみましょう。

スキル販売のココナラ

ココナラ
ここは逆に自分のアピールポイントを販売できるサービスです。価格は500円(税抜き)から自分のスキルを販売することができます。

上記と比べると内容をアピールしないと誰も購入してくれませんから、今までの作品を掲載するなど、しっかりとした戦略が必要となってきます。

ワンコインでは稼げないと思うかもしれませんが、そこはオプションで1000円5000円など価格設定は可能です。

どちらにしろ作品実績だけでなく販売実績もないと、なかなか素人同志の取引なので、信頼関係を築いていくには500円である程度販売して実績を作っていくことがミソと言えます。

私自身は売る側でなくて、買う側でよく利用していますから、ここは押さえておきたいところの一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

逆に言えばイラストやロゴ・デザイン以外のスキルも販売できますから、アイデア一つで高報酬も夢ではないでしょう。

イラスト作成ならココナラ

ネットショップ

ここまでくるとまさに本格的な稼ぎ方となってきますが、より多くの人に見てもらい価値を上げるにはこのネットショップの利用も忘れてはいけません。

自分の個性的なデザインの作品は100人より1,000人、1,000人より1万人に見てもらうほうが当然高く売れる可能性が出てきます。

その点ネットショップなら好きな時にお店に展示して、自分のペースで量も増やせるしまさにやりたい放題ともいえます(笑)

当然売れれば販売手数料を取られますが、はじめるのは無料から可能なので、下記などを一度は検討してみましょう。

そして作品数も多く増えて、販売も軌道に乗れば楽天市場に出店するなど、まさに夢は大きく膨らみます。これまで紹介したなかで、大きな可能性を考えるならここネットショップがまさにロマンがあると言えるでしょう。

芸術はまさにロマンですから、1年後5年後の独立を考えてまずはネットショップを立ち上げてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイドショップ

ミンネ
自分の手作りの作品を掲載して販売できるサイトがこのハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫など。

上記のネットショップとの違いは、集客が企業が行ってくれるので自分はカテゴリーをしっかり決めて、見る人にわかりやすく出来た自分の作品を掲載していくことなどが重要ポイントとなります。

ここも造形物だけでなく絵画やイラストも販売できますから、上記ネットショップとの併用などでチャレンジしてみましょう。

ここに近いイメージで言えば、CMでおなじみのフリマアプリメルカリなどでも販売できますが、あれは中古というイメージが強い販売方法なので、あまりイラストやロゴ・デザインなど販売するには不向きだと思います。

まあこれは想像なので、チャレンジしてみても面白いかもしれません。

まとめ

matome
以上がインターネットを利用して自宅にいながらイラストやロゴ・デザインで稼ぐでした。当然自宅にこだわる必要もなくカフェや漫画喫茶でもこれらは行うことができるでしょう。

今やスマホはインターネットでの最強の媒体ですからね。

ちなみに芸能人などもアートで色々商売をしている人もいます。例を挙げると八代亜紀さんなどが、その代表例にあたるでしょう。主に写真を提供したら1枚20万円~で書いてくれるとか。

芸能人は知名度も高いので、我々一般人よりもこういったアートは売りやすいわけですから、やはり知名度が重要となってきます。

後はたくさんの作品数を用意するのと、集客を行うコツをつかめればまさに独立開業が見えてくるでしょう。