初心者必見!別のページの指定箇所に読者を飛ばしてくれるプラグインを使った簡単技


スポンサーリンク

ワードプレスで誰もがブログやサイトを作っている時に考えるのは、ページだけではなく、指定の場所にリンクを飛ばすことではないでしょうか。

いちいち記述を打ち込むのが面倒な人は、プラグインTable of Contents Plusを使いましょう。

自分のブログやサイトの特定の場所にジャンプ

これは目次機能のプラグインなので、ついでにこれも使いましょう。見出しにh1~h6くらいまで使って文章を書けば、そこのタイトルが目次の見出しとなって表示されるプラグインです。

文章が短い場合は、目次も貧相になってしまいますが、しっかりとした内容を書けば必須のプラグインです。読者の回遊率を上げるためには、必ず入れておきましょう。

目次プラグインの設定方法


設定方法は、プラグインでTable of Contents Plusを検索して設定を有効にしましょう。

そのあとは設定を選ぶとTOC+と表示されているのがこのプラグインです。クリックすると下記画面が出ます。

moku


ちょっと見づらいですが、画像をクリックしてもらえばはっきりわかります。

上から

  • position 目次の表示場所
  • show when 見出し何個以上で目次を出すか
  • auto~長いので省略 要するに投稿(POST)固定ページ(PAGE)で表示させるか
  • heading text 目次と書き換えておきましょう。索引でもよし。

以下はお好みで設定してください。


そうしたら、設定を保存しましょう。hタグを使って文章を書いていなければ意味はないので注意!

そうしたらこんな感じで表示されます。

スポンサーリンク

mokuji

指定の場所に簡単にジャンプさせる方法

長くなりましたが、ここからが簡単にできる方法です。

タイトルは別ページにジャンプですが、戻るのが面倒なので、ここでは分かりやすくこのページの指定の場所に飛ばしてみましょう。


このページの一番上に目次が表示されていますので、 ここをクリックしてもらえば見出しの文章、目次の設定方法へ飛んでいきます。

やり方はいたって簡単で、読者を飛ばしたいページを開くと目次が表示されています。


その目次のタイトルを範囲選択して右クリックでコピーしてください。
migi
青く表示されているところが範囲選択した部分です。


あとは自分が指定の場所にジャンプさせたい記事を書いているところに、コピペするだけです。但しビジュアル編集画面ではってください。

あとはプレビューで確認してください。クリックすればそこへ飛んでいきます。


注意点は、プラグインTable of Contents Plusを停止させたらこのリンクも消えてしまう点です。

目次のプラグインをあらかじめ入れている人なら簡単ですが、そうでない人には簡単でなかったかもしれません・・・