過去記事を編集して間違えて保存した時に元に戻したい使える方法


スポンサーリンク

ブログやワードプレスの過去記事の修正などで、色々いじっているとついうっかり間違って保存してしまう事があります。そんな時に使える方法を紹介します。

しかし条件がいくつかあるので、これをクリアできれば問題ないでしょう。

早く処置ができる場合のみ効果的

koko
今この記事を読んでいる人は、少しでも早い方がチャンスはあります。数日経っていればちょっと絶望的です。

要するにgoogoleインデックスが早いブログなどは、難しいかもしれません。

条件

新しい記事はほとんど無理です。下記を満たしていればOKです。

  1. googleやヤフーにそのページがインデックスされている事
  2. あなた自身のブログやサイトが優秀すぎて、直した記事がすぐインデックスされてしまう場合は×

ちなみに元に戻せる条件は修正した自分の過去記事を、保存するつもりがないのに間違えて保存した場合のみです。では実践方法を書いてみます。

まずインターネットを立ち上げます。ヤフー検索をここでは利用します。そして間違えた記事のURLか、記事タイトルを全てヤフーの検索窓に入力してください。

たとえば、「これは大失敗したミスを取り戻す方法」という記事だった場合この言葉をコピーして検索したら自分の書いた記事が表示される場合のみ有効です。

順位はどこでもOK。なのでURL検索のほうが確実性があってよいかな。

もちろん記事が新しかったり、ペナルティを受けてインデックス(登録)されていない記事では使えません。

表示を確認できたら、今度は右下のキャッシュと書いてあるリンクをクリックします。
a8

スポンサーリンク

そろそろわかった人もいると思いますが、要するにキャッシュの記事をコピペして元に戻せばよいのです。画像などは難しいですが文章なら問題なくできるでしょう。

自分の記事なので当然コピペOKです。

自分のドメイン間の記事を移動するのはペナルティか

コピペついでに、もう一つ書いておきますが、自分が書いた記事を、所有する異なるドメインに移動したら、コピペ扱いでペナルティをうけるかどうか実践してみましたが、一応大丈夫でした。

但し数ページでしか実践していないので大量ページでの検証はとっていませんので、そこはあくまで自己責任でお願いします。

実践したときのそれぞれのドメインの条件

  • 二つのドメイン両方グーグルウエブマスターに登録してある
  • 動かしたい記事があるドメインのページを切り取って、移転先のドメインで記事を作成して貼り付ける。タイトルを変更しても問題なし。
  • 動かした記事のURLをウエブマスターのURLの削除で申請しておく

これはどこかの記事で見かけたのですが、多用するとよくないと書いていました。 真実は不明ですが、私自身実施した数ページレベルなら特に問題なかったです。

そのあと数日後、移動したページが検索上位に表示されているのを確認しました。なので特にペナルティを受けている印象はなかったです。

感想

ちなみにインデックスされるスピードはそれぞれ違うので、もしヤフーではすでに修正した記事が インデックスされていた場合、GoogleやBingやその他検索エンジンでも上記を同様に行ってみましょう。

要するに上記で書いたようにあなたのブログが優秀すぎてインデックスされるのが 早ければ早いほど効果はありません。

ちなみに手入力で打ち込んだ表(テーブル)など編集して間違って保存したら直すのはとても面倒です。ワードプレスなら便利なtablepressなど使い勝手がいいプラグインもあるので、導入してみましょう。