ワードプレスで訪問者のページの滞在時間を長く居させる5つのテクニック


スポンサーリンク

ブログ運営者にとってSEO対策の一環でもある滞在時間を延ばす事は大変重要な要因です。いままで私自身がアクセス解析などを駆使して、培った滞在時間を少しでも長くさせる方法を紹介していきます。

今後の運営に活かしてもらえれば幸いです。

ここでは経験から得た滞在時間を伸ばす手段を紹介

wordpress一つ目はワードプレスプラグインTable of Contents Plusの導入。これはページ内容の見出しを目次化させるプラグインです。ユーザーはこれを見て必要な情報があるかないか判別するので直帰率を下げるにはおすすめです。

目次に必要な情報が書いてあれば、文章を読んでくれるし書いていなければ去ってしまう。ユーザーも暇な人ばかりではないことを頭に入れておこう。

ロングテールで訪れた訪問者は時間が短い

ロングテールなどで訪れたユーザーはかなり直帰率が高い。なぜなら書いている人は、ロングテールに基づいた文章はほとんど書いていないからである。

という事は、本当の意味ではロングテールでのアクセスは必要ないといえる。なのでこういったキーワードでの訪問者が増えてきたら、そのワードに関する内容も増やしていきましょう。

そうしていくことで価値の高いコンテンツがさらに出来上がっていきます。またそういった訪問者にはメニューバーやサイドバー、フッターなどにいかに他のページをみてもらうかの工夫が必要である。

余計な情報があればあるほどユーザーは見ずらくなって、余計に直帰率があがる。


ここでいう余計な情報は、アーカイブであったり広告バナーであったり、相互リンクなどがこれにあたる。自分が他のサイトに訪れた際に目もくれない部分は、自サイトでも言えることなので、さっさと撤去してしまおう。


ロングテールキーワードは、ユーザー目線で考えれば必要な情報が薄いという事をグーグルは早く気が付いてほしい。ようするに見出しにいれたキーワードを重視した方が、書き手にも読者にもメリットがあるという事である。

なのでロングテールは書き手にはよいアクセスアップだが、読み手にはほとんど意味がない。


最近調べたいことを検索すると、必要な情報が少なくなってきたので非常に検索が面倒になってきた。

そう感じている人も増えているだろう。

別ウィンドウを開く設定で外部リンクを付ける

tv外部リンクといえばアフィリエイトだが、アフィリエイトに限らず他ページを紹介することも重要だ。

ただし設定が必要で、リンクを貼る際必ずもう一枚画面を開くようにしておこう。要するに別ウィンドウを開く設定を必ずしておくこと。


そうすれば自サイトと外部サイトを両方開くことになり、外部サイトを見ている間に自サイトにいるという形になっているので、勝手に滞在時間が長くなるということだ。

意外に気が付いていない盲点だと思うので、ここはおさえておこう。但しスマフォユーザーには意味がない。

但し外部リンク先が内容の濃いものを選ばないと、あっさりページを閉じてしまう事も多い。

スポンサーリンク

記事の文章の最後に内部リンクをはる

もはや主流となってきた、人気記事の表示や関連記事の表示など。

これは当然行うとしても、それ以外にページの中に自サイトのページへリンクをはるという事も極めて重要である。


理想は記事の文章最後に、次は~の話と記述して関連ある内容のリンクを貼れば、最後まで読んでくれたユーザーは、次のページを読んでくれる可能性が高い。

次のページへや前のページと書くより、関連記述のリンクを貼った方がはるかに直帰率は下がることを覚えておこう。

画像の中に文字をいれよう

よく人気ブログなどで見かける見出しの下に、画像を入れてデザイン性や読者の目疲れを緩和させるために、とりいれられているテクニックですが、読者のほとんどは画像が うっとおしいと感じるのも事実。

でも見た目的にも必要な要因であるのだが、これもデザインだけにこだわらず、きちんと目的を持って貼れば滞在時間を長くさせる方法の中では、一番ベストな方法といえるでしょう。

どのような方法かというと、画像の中に文字を盛り込んでクリックしなければ見えにくい画像を使いましょう。

そうすれば画像を見ている分、滞在時間が長くなります。あまりベタベタ貼るのは好ましくありませんが、文章に沿った画像を貼っておけば、間違いなく滞在時間はアップします。

db2

もう一つは画像を駆使する事です。上下の画像を比べればわかると思いますが、下記はクリックしないと読めません。このように、あえて下記のような画像を置くのもテクニックの一つといえます。

xsev

引用を使うときに活用しましょう。

コンテンツ+画像の活用でデザイン的にも視覚的にもこの方法はおすすめです。

最も効果的なのは動画を盛り込む

やはり滞在時間をUPさせるもっとも有効な手段は、動画を盛り込むことでしょう。動画を見る時間も滞在時間に換算されるのでこれを利用しない方法はないと思います。

一番いいのは自分で作成した、そのページに関連がある動画だが、なければ他人の動画を利用しましょう。youtubeで気に入った動画を見つけたら、右クリックで動画の埋め込みコードをコピーするを選べば、ブログに簡単に貼り付けられます。

あとはスマホで見てもきちんと表示されるようチェックしておきましょう。スマホで見ると結構ずれているテンプレートはたくさんあります。

youtubeはgoogleに買収され吸収されています。なので検索に対しても動画を盛り込んだほうがプラスになる可能性は高くなります。

まとめ

  1. ロングテールキーワードで訪問者が増えたらそのワードの文章を追加する
  2. 目次をつける。当サイトのように、番号をクリックしたらジャンプまで文字をいれよう
  3. 画像に文字を入れたほうが、読む可能性はあがる
  4. 記事に関連する動画を入れることで視聴時間で滞在時間を稼げる

以上がワードプレスで訪問者のページの滞在時間を長く居させる5つのテクニックでした。