特徴まるわかり!話題のNISAの始め方から初心者向けの稼ぎ方


スポンサーリンク

最近CMなどでよく耳にするNISAとは一体どういうものなのでしょうか。NISAを始めてみたいけどどんなものなのか、特徴などがよくわからないという人も多いと思います。

投資には興味があるのだけれどここでは投資の初心者向けに、NISAの始め方から稼ぎ方まで紹介していきますので、参考にしてみてください。

NISAの特徴と注意点

ファイナンスレポート
NISA口座は、年間120万円の株式や投資信託の取引の利益にかかる約20%の税金が非課税になる口座です。また、NISA口座の特徴の一つとして、株式や投資信託を保有することで支払われる「配当」や「分配金」に関しても非課税になるというメリットがあります。

上手に使えば強い味方となってくれるNISA口座ですが、いくつか注意点もあります。まずはポイントを掴んでおきましょう。

特定口座と損益通算ができない

「特定口座」は、証券会社や銀行が取引した株や投資信託の損益を計算して、税金の源泉徴収まで行ってくれる口座のことですが、通常、特定口座を開設しておけば、株や投資信託の売買などの譲渡益や配当益などは損益通算されて、無駄に払い過ぎた税金は還ってきます。

しかし、NISA口座はもともと「税金のかからない口座」なので、仮にNISA口座内で損が出てしまったとしても、特定口座の利益と損益通算することはできません。

つまり、利益をださなければNISA口座を利用することがデメリットになってしまうため、注意が必要です。

枠の繰越や再利用はできない

NISA口座は120万円まで枠がありますが、この枠は、「1年間に合計120万円まで投資できます」というものです。例えばA株を60万円分買って、1ヶ月後に売却したとしても、残りの枠は60万円のままなので、注意が必要です。

また、この枠は次の年度へ繰り越すということもできません。例えば今年30万円分枠が余っていたとしても、来年にはリセットされてしまいますので、この点も注意が必要です。

NISAの始め方

ペンと紙
NISA口座を始めるには、まずはNISA口座を開設したい証券会社や銀行などの口座を開設する必要があります。注意点は、銀行では株は買えないため、株も売買したい場合には証券会社で口座を開設する必要があります。

口座を開設完了したらNISA口座の開設手続きを各金融機関の所定の方法で行います。注意点として、全ての金融機関で共通ですが、NISA口座の開設には2週間~3週間ほどかかるため、すぐには利用できません。いざという時に利用できるように、早めに開設するようにしましょう。

ネクシィーズ・トレードならIPOも多く手数料も安く、ネット証券口座では人気が高いのでおすすめです。

スポンサーリンク

NISA口座の有効活用方法

NISA口座は有効活用することで、投資の強い味方になります。NISA口座を有効活用するために以下の点に気をつけてNISA口座を利用されると良いでしょう。

NISA口座の枠は120万円と決まっているので、一円でもオーバーする取引はできません。そのため、中途半端に余ってしまう場合があります。仮に3万3千円などの枠が残ってしまったとしたら、多くの人はこの枠を無視してしまうようです。

ですが、いくつかの証券会社で取り扱っている「金額指定」で1000円単位からできる売買などを利用すれば枠を使い切ることができるので、一度調べてみることをお勧めします。

また、「資金が少ない」という理由で使い切れないという場合もあるかもしれません。ですが、120万円の枠を使い切るのに120万円の資金は必要ありません。例えば20万円前後の株式を6回売買することでも枠を利用することはできます。

なので、資金が少ない!という方は、取引を積極的でNISA口座内で行うようにしてみると良いでしょう。

高配当銘柄、毎月分配型投信に投資する

チャート
どうしても利益を出さないと思うと身構えてしまい、なかなかNISA口座を使えなかったりします。また、あまり売り買いを頻繁にするのが得意でない方もいると思います。

NISA口座は「株を買った年から5年間」は、非課税の期間が続きます。つまり、最長でも5年目が終わる前に売却すれば売却益も非課税になりますし、その期間の配当や分配金も全て非課税になります。

値動きの堅い高配当銘柄や、毎月分配金が出る、毎月決算型の投資信託などに投資をすることで、5年間しっかり非課税の恩恵を受けることができます。ただし、投資信託の場合、「特別分配金」という「元本の払い戻し」の分配金になる可能性もあります。

この場合はNISA口座のメリットを受けられないので、しっかりと利益を出している投資信託を選ぶことが大切です。

積み立て投資を利用する

NSIA口座を利用する際に、積み立て投資を利用することもおすすめです。

NISA口座は120万円までと枠が決まっているので、一番ベストなタイミングで投資をして、できるだけ多く利益を取りたいものですが、タイミングを待っていると年末になってしまって、不本意なタイミングで投資をしなければならないということにもなりかねません。

積み立て投資を利用すれば、1年間に平均的に投資をすることができるので、買うタイミングを分散しながら値段が下がった時には多く買うことで、株価や基準価額の上昇時に、より大きい利益を狙うことが可能です。

また、あらかじめ積み立て金額を調整しておけば、複数銘柄で積み立てを行うこともできるので、1年間の投資計画をしっかりと立てておくことで計画的な利用が可能な投資方法です。

まとめ

以上が特徴まるわかり!話題のNISAの始め方から初心者向けの稼ぎ方でした。

NISAにも当然元本が減るリスクがありますから、比較的リスクが少なめのIPOも同時に考えておきましょう。下記記事を参考にしてみてください。

株式投資初心者でも始めやすいIPOの特徴と稼ぎ方
株式投資を始めるには、当然ですがそれなりに取引や仕組みなどの勉強が必要となってきます。勉強しながら株取引を始めるのにもよいですが、それでは勝...
スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク