ロト7で稼ぐ攻略法~数字予想で宝くじ生活を楽しもう

毎週金曜日に抽選されるクジと言えばロト7ですね。1~37までの数字の中から7個を選んで当選すれば億万長者になれることから、まさに誰もが憧れる宝くじと言えます。

しかも宝くじと違って毎週チャンスがあるわけですから、誰もが夢を見て購入してしまうのがロト7です。数字を予想して当選すれば、まさに誰もが憧れる自由生活が待っていますからね。

ロト7攻略テクニック

roto7
副業で稼いだお金で、毎週ロト6か7を購入し続けている私が、ここでは攻略のカギを紹介していくので是非とも参考にしてみてください。

当選金額は今やBIGと並びキャリーオーバーがからめば最高8億円ですから、むやみに購入しても当たることはないでしょう。下記で戦略を紹介していくので参考にしてみてください。

攻略法その一 偶数か奇数だけ購入

一番簡単な方法は偶数だけを購入する方法、もしくは奇数だけを購入する方法です。これだけでおよそ半分の数字から選ぶだけでいいので、極めて数字を絞りやすい戦略です。

過去の実績を見ると(1回~55回までの実績例)

  1. 7個全てが奇数だった回 第7回
  2. 6個以上奇数だった場合 第21回
  3. 7個すべてが偶数だった回 第52回
  4. 6個以上偶数だった場合 第30回

と歴史の浅いロト7でこれだけの偏りが見られます。多いと思うか少ないと思うかはお任せします。ということはまだまだこの偏りが出る可能性は高いということですね。

そしてインターネットでも楽天銀行(旧イーバンク銀行)ならロトも買うことができるようになりました。ポイントも付くし当然金も券をなくさないので、確実に受け取れますからこれを機に開設しておきましょう。

攻略法その二 ある位の数字を除く

お金
ロト6の買い方は40~43は必ず捨てるなど、有名な方法がありますがロト7も同様買わない位を決めましょう。

  1. 1~9を買わない場合は、残り28個の数字から7個を選びます。
  2. 10~19を買わない場合は、残り27個の数字から選択します。
  3. 20~29を買わない場合は、同じく27個から
  4. 30~37を買わない場合は、残り29個の数字からとなります。

という事はこの中で選ぶなら10代か20代を買わない方法が一番確率が高い方法となりますね。

ちなみに第55回までの上記の実績は(数え間違いがあったらごめんなさい)

  1. 5回
  2. 10回
  3. 4回
  4. 12回

という結果が出ています。という事は確率論から言えば、10~19は一つも数字を選ばない、もしくは30~37までの数字は選択しない。という方法がデータ上では出てきています。

もちろん回数を重ねれば上記のデータは、また変動しますから今後の予想としてのデータとして参考にしてください。それでも攻略法一よりかは、随分確率が上がりましたね。

攻略法その三 前回の数字を全部外す

これは例えば前回の当選番号が、第50回を例にあげると

03 04 07 08 15 24 29  ボーナス数字 11 16 だった場合、次回第51回はこの数字をひとつも入れない方法です。

そうすると残り28個の数字から7個を選ぶので、ここでも攻略二同様少し確率が上がってきます。それでは第55回までのデータで照らし合わせてみるとどうなるでしょうか?

このパターンの買い方で来た回数は8回だけです。8/55ですね。まずまずの確率ではないでしょうか。


攻略法その四 買う範囲を決める

迷う
この方法は説明してもわかりにくいかもしれませんが、これはすなわち買い方を例に挙げてみると

  • 5~30までの数字を買う
  • 8~28までの数字を買う
  • 12~27までの数字を買う

といった戦略です。1~37までの数時を全部選んでいくのは大変ですから、その範囲を狭めて買うというやり方です。
この数字の範囲が狭かった例を挙げてみましょう。

第2回の当選番号 20 24 29 31 33 34 35  20~35までなので16個の数字から7つを選ぶ方法。この場合は結果論なので買うとしたら20~37までの中から7つを選ぶという方法ですね。

  • 第4回の当選番号 12 13 22 23 24 28 29  これは10~29までの数字から7個を選択して買う方法となります。
  • 第52回の番号 08 10 22 24 26 32 34  これは8~35までの数字を選ぶ方法です。

要するに○~○までの間隔をいくつに設定するかどうかの買い方となります。第2回なら範囲は16個で第4回は範囲は20個、第52回は28個です。ここまで広げると少ししんどいので22~25間隔ぐらいがギリギリの狙い目でしょう。

ここは少しわかりにくいかもしれませんが、あくまで方法論なので何となくニュアンスを掴んで見てください。要は22間隔で買うなら、7~28までの数字から選ぶ。

25間隔なら6~30の中から7つの数字を選ぶという方法です。間隔と最初の数字は自分で決めるので、ここはどこからスタートするかがポイントとなってきます。

攻略法その五 機械任せ

ここはまさに機械まかせなので、宝くじ売り場にあるボタンを選ぶと数字がでるお任せを選ぶ方法です。これはBIGも同様なのでそれだったら同じ300円のBIGの方が当選金額は大きいので、こちらを買いましょう!というお話です。

四だとゴロが悪いので無理やり五まで設定しました。まあ参考程度にお願いします。ちなみにClub toto会員になるとクレジットカードでくじが買えるので、ポイントが付き、普通に買うより断然お得になるので、一度は検討してみましょう。

そして当選した場合は、くじが紛失しないので宝くじの最大のネックである当選者が取りに来ないという悲劇は防げます。一応頭の片隅に入れておいてください。

まとめ

matome
ロトに始まる宝くじは、あくまで確率論です。どの買い方が一番当選しやすいかしっかりデータ収集をしていきましょう。

それでもまだ歴史が浅いロト7ですから、今後も数字の偏りが何回か出てくると思います。なので上記に上げた偏りがくるまで同じ目を買い続けるほうが、一番当たる確率は高いということです。

私も毎週アフィリエイトポイントサイトで稼いだお金で、月8万円くらい購入し続けていますが未だ1.2等は未当選です。しかもネット銀行で買い続けていますが、意思が弱くコロコロ買い目を変えてしまうので、自己啓発としてこの記事を書きました。

今後のロト6やロト7の購入の買い方として参考にしてみてください。そして宝くじ生活を楽しみましょう。もちろん1等が当選したら証拠画像をアップするので乞うご期待!