先見の明は必要なし!初心者でも出来る日経225先物の稼ぎ方


スポンサーリンク

先物取引って何だろう。代表的な先物でトレードしたいなど投資に興味があるのだけれど、何かしら情報がないと始められないという人のために、ここでは主に日経225先物の稼ぎ方について紹介していきたいと思います。

先物の種類は非常に多くあるのですが、あれもこれも手を出すのは賢明ではありませんから、なるべくメジャーな商品、

先物取引の特徴

数列
先物取引は「ある商品」を「ある決められた日(未来)」に「現時点で決めた価格」で取引をするという契約を指します。

つまり、「A株」を「1ヶ月後」に「6500円」で買う、という取引が先物取引です。現在のA株の値段が6000円だっとして、1ヶ月後にA株が8000円に値上がりしていれば、6500円で購入することで1500円の利益が得られます。

この、現在と未来の価格差を狙って取引するのが先物取引です。日本の個人投資家で多く取引されている先物取引は「日経225先物」です。

その名前の通り、「日経平均株価指数」を売買することで損益の発生する先物取引となります。日経平均を売買するというと分かりづらいかもしれませんが、先物取引では「1枚」「2枚」と取引単位を数え、その1枚ごとの価格が変動するイメージとなります。

日経225先物取引の始め方

日経225先物を例に先物取引の売買方法から始め方をご紹介します。まず日経225先物を始めるには、先物取引用の口座を開く必要があります。

日経225先物は、他にも「日経平均先物、日経先物、日経平均株価先物取引」などの同義語で表記されていることもあります。先物取引を取り扱っている証券会社に先物取引用の口座を作りましょう。

この際に、注意する点としては、

  • 「トレーディングツールの充実度や使いやすさ」
  • 「取引手数料」

です。証券会社によって導入しているツールが違いますので、いくつかピックアップして口座開設して最も使い易いものを選ぶと良いでしょう。

ただし、実際に取引するとなると、「取引手数料」がコストしてかかってきます。

当然、取引の際のコストは安いほうが良いため、ツールの使いやすさとコストの安さ、両方から取引する証券会社を選びましょう。

日経225先物の稼ぎ方

チャート
口座を開設できたら、取引が可能になりますが、先物取引をする上で知っておくべきことがあります。

「SQ」と呼ばれる先物の決済期限についてです。

3月、6月、9月、12月に訪れる先物が強制決済(清算)される期限を「SQ」と呼びます。それぞれの月の第2金曜日の前日が決済期限となっており、これまでに決済をしていなければ損益に翌日にその時点の市場価格で自動で決済されます。

通常の株式取引であれば、どんなに含み損を抱えていても決済しなければ損が確定することはありません。ですが、先物取引の場合にはこのSQがあるため、含み損を抱えたまま価格が戻るまで待つということができないため、注意が必要です。

スポンサーリンク

日経225先物のメリット

ただ、通常の株式取引とは違った戦略をとることもできるのが先物取引のメリットでもあります。

それは、「レバレッジの活用」と「空売り」です。

まず「レバレッジ」ですが、先物取引では自己資金の数倍~の取引をすることができる仕組みがあり、これをレバレッジと呼びます。例えば、手元に100万円しかなくても200万円分の先物取引を行うことができるのです。

この場合、もちろん損益は2倍になり、決済時にはその損益が元手の100万円に反映されます。もちろん、損失も、2倍になっているのでリスクは上がりますが、上手に活用すれば少ない資本でも大きく利益を出すことができます。

日経225先物の空売り

牛
次に「空売り」についてです。通常の株式取引では、株価が下落する=含み損を抱え始めたら、損切りするか元に戻るまで待つしかありません。

ですが、先物取引では空売りもできるため、株価が下落する局面でも利益出すことができます

例えば含み損を抱えた買いのポジションを持っている時に、数倍の数量で売り取引を行えば、含み損を相殺することも可能です。これは「両建て」という取引手法の一つです。

一時的に損失を回避したり、レンジ相場で上昇と下落の両方の利益を取るために使われる手法です。ただし、一見すると損をせずに利益を出せるような取引方法に見えますが、両方のポジションで損失が出る可能性もあるため、しっかりと戦略を立てた上で計画的に行うことが大切です。

このように、先物取引では、通常の株式取引以上に自由な戦略をとることができるため、レバレッジや売り取引などを上手に活用することで、利益を積み重ねることができます。

日経225先物の「ミニ」と「ラージ」

スマホ
日経225先物には通常の取引サイズの「ラージ」、小口で取引をしやすい「ミニ」の2つのサイズが存在します。通常のラージ取引では、日経平均株価指数を1枚、2枚といったように「枚」で取引し、その1枚は日経平均の1000倍となっています。

「ミニ」は「ラージ」の10分の1となっています。つまり、日経平均が1万円の時、「ラージ」であれば最低1000万円での取引になるのに対して、「ミニ」であれば100万円で取引をすることができます。

先物取引ではレバレッジをかけることができるので、実際に1000万円や100万円用意しなくても取引できますが、自分の資金量にあった金額、単位での取引をすることが重要です。

まとめ

以上が先見の明は必要なし!初心者でも出来る日経225先物の稼ぎ方でした。とりあえずスタートするには証券会社を開設しなければなりませんから、別ブログですが下記記事を参考にしてみてください。

景気も良くなり資金を少しでも増やしたいので、金融取引の代表格である株式投資を始めたいのだけど、どんな証券会社を選べばよいのかと考える人も多いと思います。手数料が安いのが一番と言えば一番なのですが、短期トレーダーならともかくそうでない長期保有
スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク