SEO対策/狙ったワードで上位表示する方法


スポンサーリンク

SEOとは、簡単にいうと狙ったワードで、検索エンジンにおいて上位表示させることです。

例を挙げると、ダイエットと検索で打ち込んで一番上に表示されれば、クリックしますよね?

ようするにそのワードで、なるべく上位に自分が作ったページが掲載されれば、たくさんの訪問者が見込めるわけです。

SEOって何?

これが出来れば、アフィリエイトなどおこなってもうまくいく確率があがるというわけです。これが最も重要な稼ぎの要因となります。

ブログなどでは、逆に自分のブログのファンを増やしていけば、対策をしなくても、稼げるようになるので、ブログの場合はファンづくりも必要となってきます。

ブログはSEO対策をしていない人がほとんどなので、ある意味遅く初めてもチャンスがあります。

動画でも同様で、狙ったワードで動画が表示されるようになれば、視聴回数も増えてチャンネル登録者も増える可能性がぐっとあがります。タグをうまく使うのが簡単な対策です。

ただし本数を増やしていかないと、なかなか検索にヒットしないので、ページ数同様投稿数を増やしていきましょう。

進化を続けるGoogle

検索エンジンの大元であるGoogleも、色々な対策を行う事でユーザーに、よりよい正確な検索結果を提供しようと日々アルゴリズムの変化に励んでいます。

SEO対策でその道のプロや専門業者が、いろいろな対策を挑んでいますが、パンダ、ペンギン、ハミング、オーソリティなどGoogle側も余計な情報を排除しようといったアップデートを試みています。

しかし現実的には、ユーザーは複合ワードで検索するのに、現状では単一ワードで拾った内容が上位に表示されるなど、あまり正確な検索結果を打ち出してくれていないのも事実です。

邪魔な情報を排除しようとするのはいいですが、そんななかでもユーザーに有益な情報もまぎれているのも事実なので、ユーザー目線に立った検索結果もきちんと表示されるようになれば望ましい限りです。

SEOの外部対策

SEOの対策といえば、タイトル、キーワード、H1タグ、ディスクリプションなどあります。
最近ではこういった対策を強くしないほうが、よい結果に結びついているような気がします。

SEO対策も日々変化しているので、いつどのタイミングで下位におちるか、もしくは上位表示されるかは分かりにくい。

なのでSEOにはあまりこだわらず、対策を行いたい。

今考えられる対策といえば、ページのタイトルだけでよいのではないか。

キーワードをタイトルにいれるだけのSEO。これが主流となると予想する。
後は本文に適度にキーワードを入れていく。これが今後の外部SEO対策となる予想。

内部対策をしっかり行う

これからの主流は内部対策もかなりのウエイトを占めていくでしょう。
自分のサイトをいかにユーザーが閲覧しやすい環境を整えていくか。

  1. スマフォユーザーの目線に立ったサイトやコンテンツ作りを行っているか
  2. ページの読み込みスピードが遅いのではないか。
  3. パンくずリストや関連記事、人気記事などの表示
  4. サイトマップ(目次)はあるか
  5. 読みやすい文字で作られているか(大きさ)

などなどがあげられる。特に今後はスマフォ8、PC2割くらいの構成が考えられるので、特にスマート目線を取り入れよう。

被リンク効果を得るには友達作りから

被リンクの大量獲得も逆効果になりつつあり、数が少なくても価値の高いサイトがリンクを貼ってくれれば、検索エンジンの上位に表示される傾向はいまだに続いています。

では、価値のあるサイトが自分のブログやサイトに何もしないで、リンクを貼ってくれる可能性は極めて低いのも事実です。

スポンサーリンク

結局よい被リンクを得るには、ネット間で友人をつくるなど、何かしらアクションが必要でもあります。SNSなどを利用して、同じジャンルのネットフレンドを探していきましょう。

自作サイトやブログでの相互リンク効果もまだまだ効果があるので、試してみる価値はあると思います。

この方法もおかしなもので、ここを変えていかないと、ユーザーにとって有益な情報をもたらすことは難しいといえるでしょう。

新ドメインは時間が必要

また、新しいドメインもしばらくは排除される傾向にあります。数か月たたないと、上位表示が難しい。大体早くて3ヵ月くらいは、あまり検索の手ごたえを感じていません。

これもおかしなシステムで、結局よい結論が出ないから、今のシステムを改良しつつあるのでしょう。アフィリエイト初心者が脱落する原因はここにあります。

極論は文書全体の意味を検索エンジンが読み取って、認識して検索ワードの情報に最も近いページを表示する事ですが、ここまでの進化が見られるのは、まだまだ先の話でしょうか。

結局Googleにスキが多いからSEO対策といった手法や、業者が出てくるわけです。早くスキをなくしてほしいものです。

どちらにしてもあまり関係ない情報も、検索したら、最近ではよく見られるので、ユーザーからすれば、まずはこの関係ない情報をしっかり排除してほしいものです。

辞書を作れ

結局どのようなSEO対策を行うかといえば、簡単なページ作りではなく、ユーザー目線に沿ったページ作りをしていくことです。

自分が検索者の立場になったとき、どこを見るか、何を求めているか、そういった思考をもとにページ作りをしていくことです。

後はページタイトルに、検索者がクリックしたくなるようなフレーズや、ディスクリプションに、興味を引くような言葉を組み入れることが重要だといえます。ページの文字数もウエイトが高く、最低でも1,000~2,000文字のページ作りをしていきましょう。

もちろん内容がない文字が多いだけのページは、意味がないですから何度も読み返すなど、読みやすい文章つくりをしていきましょう。

また、これからはブログよりもサイト。ホームページつくりが重要となってくるでしょう。

そして裏ワザも効果がなくなり、一生懸命作ったサイトが評価されるようになるので、誰にでもチャンスの芽がでてきました。なので一緒に頑張っていきましょう。

ノウハウで信頼性の高いものは少ない

ノウハウを学ぶにはサイトやブログはもちろん、メールマガジンなどの購読が必要になってくるでしょう。嘘や間違いだらけの情報を間違っても買わないように。

しかしなかなか、いい情報提供者を見つけることもできず、訳も分からない商材を売りつけてくる人がほとんどです。

この世にいつまでも通用するテクニックは、ひとつしかありません。オリジナルコンテンツを配信し続けて、日々ページを増やしていくだけです。

自然にページを作る事で、おのずと評価はあがります。急激な順位上昇は難しいかもしれませんが、地道におこなうことがアフリィエイト成功の法則となっていくでしょう。

要するに長くサイトを地道に運営できる人が、評価の高いサイトとなっていくでしょう。

文字数もSEOに影響を与える要素

文字数も非常に重要で、500文字以下などのページはやはり弱いページとなり,ある程度長い文章が評価されていく傾向です。目標は1,000文字以上が目安となります。

実際には長い文章は読者に嫌われる傾向にあるので、このバランスをどうとっていくか。

読んでほしい記事はあえて読みやすく短く書いて、それ以外のページは検索エンジンに好まれるページをつくり、短いページに導いていくテクニックを駆使するなどしていきましょう。

要するに無駄にページ数を作るのではなく、メインページコンテンツにいかに読者を導いていくか、成功している人がどのようにメインコンテンツに誘導しているか、研究してみましょう。