現時点で考えられるPVを稼ぐための4つのSEO対策


スポンサーリンク

世の中には色々なSEO対策が出回っていますが、どれも当てにはならないものばかり。ここでは少しでもPVを増やすためにできることを書いてみました。今後の参考にしてください。

基本的なことは、読んでいる人にわかりやすい記事、読みやすい記事が前提となってきます。裏ワザなどはあくまで一瞬のワザ。使い続けると疲れるので、まともなことをやっていきましょう。

SEOとは

外国人とPC
ものすごく簡単にいうとインターネット読者が、知りたい情報を探したときになるべくどのブログ記事よりも上位表示される方法です。

ヤフーで検索すると一番上位に広告が貼られていて、その下にブログや企業のホームページなどが続くといった具合です。

ここでは実体験を元に、今考えられるSEO対策を紹介していきます。が検索エンジンも日々変化するのであくまで参考値です。

被リンク効果

被リンクとは、誰か他の人が自分のブログタイトルや記事タイトルをアンカーテキストとして他の人が運営しているブログやホームページなどで、紹介してもらうことです。

アンカーテキストとはこんな感じ↓

評判のエックスサーバーは本当に使えるのか急激な訪問者に耐えるのか検証

なるべく自然に貼られることが理想で、お金を出して相互リンクなどを行うリンク集は、もはやペナルティなどの対象になってきます。

代表的なのがNAVERまとめ、はてなブックマーク、グノシーなどに掲載されると効果は高い。もちろん人気ブログなどの運営者に、記事リンクを書いてもらう事も大きな効果があります。

当たり前ですが、記事内容が面白い内容でないと当然意味はありません。

逆被リンク効果

NAVERまとめ
上記で挙げたことを自分のブログでも同様に行えば効果は高いです。

要するに参考になった記事のリンクを貼った文章を作っていくことで、他の人が参考になる情報を集めて提供できるかどうかがポイント。

NAVERまとめが、その代表例で参考になったブログのリンク集ばかりを紹介しているのに上位表示されている点をチェックしておきましょう。

この手法でクリック広告を貼って、これだけで稼いでいる人もいるくらいなので、興味あればチャレンジしてください。

あまり乱立すると将来的には効果がなくなるのでは?と私自身は思っています。

文字数

多ければ多いほどよいとされていますが、ここはまだグレーなところ。激戦区のクレジットカード比較記事では軒並み1万文字を超えているページばかりが上位表示されています。

それ以外のジャンルでも内容がよくわからない記事でも文字数が多いことで上位表示されているので、検索エンジンはまだ内容分析までのレベルには到達していないもようです。

スポンサーリンク

文字数プラスその記事に対する滞在時間で判断していくほうがよいでしょう。

実際私のほかのブログで600~800文字ぐらいの記事ばかりで構成された内容でも滞在時間は平均1分くらい。そのおかげで上位表示されているページは多くあります。下記が例

アクセス解析画像

滞在時間の方を重視していくほうが、正しいSEO対策と言えます。1,000アクセスがあっても下記では滞在時間を1分保っています。

これによって2ワードの検索で上から2位の結果を出しています。ちなみにこのアクセス解析は無料で使えるエースアナライザー
です。

アクセス解析

参考記事

ワードプレスで訪問者のページの滞在時間を長く居させる5つのテクニック
ブログ運営者にとってSEO対策の一環でもある滞在時間を延ばす事は大変重要な要因です。いままで私自身がアクセス解析などを駆使して、培った滞在時...

内部リンク

人気記事・関連記事がポピュラーだが、自分が読んでほしい記事やアフィリエイト記事をアクセスが多いトップページや特定の記事に貼る。

それによって、クリックされることにより閲覧時間が長ければ、その記事自体の価値があがり上位表示されやすくなる。

ブログを立ち上げたばかりの時には、トップページが投稿順に並んだだけの新着順のページになりやすいので、ある程度記事数がそろってきたら、トップページを固定ページにして(ワードプレスの場合)読んでほしいページのリンクを貼りましょう。

NGな点は広告ばかりを貼った記事のリンクをはること。誘導ページとみなされペナルティの可能性がグッとあがります。しっかりと文字数を挿入して適度に広告を貼りましょう。

まとめ

matome
とにかく稼ぎたいならアクセスを集めないとどうしようもありません。そのために考えてほしいのは相手の事を考えた役に立つ記事を書いていきましょう。

それさえ意識しておけばおのずと収入は増えてきます。売ってやろう、広告を買わせようと思う記事ほど訪問者は増えません。

結局記事レベルを上げていくには、少しでも読者にとってよりよい情報を書いていくことが、最大のSEO対策と言えるでしょう。と偉そうに書いてますが、これを常に自分に言い聞かせています。