オークションで稼ぐ方法を知る事でセカンドビジネスを極めよう

オークションは誰もが簡単に始めることができる商品の販売方法です。しかしオークションサイトも数が増えてきてユーザーもどのオークションを選べばよいのかわかりにくくなってきました。

また中古でない新品商品の販売目的で利用するお店がたくさん出てきて、本来の趣旨とは変わりつつあります。

オークションは商品を出品する事で、値段を最初の提示価格より1円でも高く売りたい人が始めるちょっとした商品販売ビジネスです。

オークションの種類

スマホこれらオークションで稼いで行こうとするなら、なるべく多くの企業に登録して一度出品すると決めたら全てのオークションサイトに商品を出品するのは、基本戦略と言えます。

一見面倒に見えますが、サイドビジネスで稼ぐ共通事項は窓口を増やす事です。最近ではオークションなのに自社の商品をそのまま販売するなどして、購入するのに少しわかりにくい所が増えてきています。

おすすめジャンル

稼ぎ続けるためには、ある程度ジャンルを絞って攻めていくのが基本となってきます。なので稼げるジャンルを知っておくのが基本となります。

  • ブランド品
  • ベビー用品
  • アニメ関連(フィギア・限定DVDなど)
  • コイン・切手
  • 骨董品

などなど挙げればきりがないので、この辺りにしておきますがポイントは

値上がりする可能性が高い

がキーポイントとなるでしょう。オークションは他人にどんどん競ってもらうことが重要なのですが、逆に言えば一人しかいなければ、価格が高騰する期待は全くありません。

そして初期の値段を高くしすぎると誰も入札してくれません。ゆえにこのバランスを見極めるのが非常に難しくなってきます。

基本戦略

そのためには上記であげたオークションすべてに登録して出品することで

  • Aは1,000円
  • Bは3,000円
  • Cは1円スタート

など価格を分けて状況を把握してみるのも一つの戦略と言えます。売れた場合などはその他の出品を取り消す事も忘れないようしていきましょう。

後は送料の把握や手数料のチェックなども忘れず出品しておきましょう。あまり安くて大きいものを売った場合、送料+手数料でマイナスになった!なんてよくある話です。

なるべくたくさんの人に見てもらうには、やはり1品出品するのに数多くのオークションサイトを利用していくしかありません。

登録も面倒ですし売れた際も削除しなければならないので、これも面倒ですがコツコツできる人でないと向いていないのも事実です。

オークションサイトの一例

などに登録する必要はあります。登録料は特にかかりませんが、販売手数料はかかります。この二つはメジャーなので外せないオークションサイトです。

出品するならここから攻めていき、ユーザーの傾向などを分析していきましょう。

ちなみにYahoo!プレミアムになると、毎月いくらでもオークションが手数料なしでできます。 始めてみたい人は、まずは自分の家のいらないものからはじめましょう。

やってみるとわかりますが、数が多いと梱包したり入金の確認をしたり、メールしたりと意外に手間がかかります。ここまでコツコツできるならネットショップ運営のほうがはるかにおすすめです。

送料を安く済ませようとするなら、運送会社や郵便局へ商品を持ち込んだりと、意外に手間がかかります。小さいものならクロネコヤマトのを利用すれば送料が抑えられる場合もあります。

もちろん1個や2個の商品なら問題ないですが、副業という以上はある程度のオークションで販売する数が必要となってきます。

手間を考えると、物を販売したいならネットショップのほうがおすすめです。自分で在庫を持たなくてよいので、梱包や郵送の手間が省けるからです。

詳しくはネットショップで副業のコツをご覧になってください。

骨董品や美術品を売る。

街を探せば、どこかにある骨董品などの古物商。TVでおなじみの何でも鑑定団を見てわかるように、ほとんどの人が目利きできていませんね。当たればでかい骨董品ですが、その確率は極めて低く、ほとんど本物をつかまされる事はないでしょう。

なのでそういった骨董品などの商品を安く仕入れて高く売る。これが、あってないような値段で販売される骨董品のオークション。間違っても購入側には回らない方が懸命ですね。

それ以外で売りたいものはアイドルのテレカや写真集などのグッズ。昔のものは定価以上の値段が付いているので、値段もあってないような物。こういった価値が上がっている商品を探して販売していきましょう。

古い本も価値があるものは多く存在します。マニア向けの勉強も必要ですが、オークションは大きなものを売るのは送料や梱包を考えるととても手間などで、こういった小さいものを販売していきましょう。

まとめ

matome
次第にオークションも続けていけば売るものもなくなり、そうなった場合は商品を仕入れていかなくてはなりません。

懸賞サイトから仕入れたり、他のショッピングモールなどから仕入れたり、自分で商品を作って販売してみたりと形を変えて継続するしかないのが、オークションが長続きしない理由でもあります。

価格調査なら価格.COMなど参考に商品を仕入れてみましょう。

プラスワン などはオリジナルTシャツからペットの服、マグカップなど幅広く商品を作れるので、ここで自分だけの商品を作って販売するのも、一つの方法でもあるでしょう。

ちなみに主婦の間で人気なのはスマフォからできるメルカリが今大人気です。なので次はメルカリで稼ぐお話