始める前に読んで欲しい初心者にわかりやすい投資信託の稼ぎ方


スポンサーリンク

ここでは投資信託に興味があるけど、どんなものなのか分からない人のために、簡単に投資信託の稼ぎ方をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

投資会社に資金を預けて運用を行ってもらい、利益を受け取るという仕組みが投資信託です。株式ほど難しい知識が必要ないため、初心者の方でも手を出しやすい商品ですが、投資信託に向いている人と向いていない人がいます。

投資信託の特徴

マウス

それではどんな人が投資信託に向いているでしょうか。それは主に次のような方です。

  1. 個別銘柄を毎日見ている時間がない
  2. 個別の銘柄の取引がこわい
  3. 投資をしたらほったらかしにしたい

つまり、「時間がない」か「知識がない」、あるいは「投資に時間を割きたくない」という方です。投資信託に向いていない人は、「個別の銘柄についてしっかりと自分で把握しておかないと気が済まない」という方です。

投資信託の運営は投資会社の裁量任せですから、すべての銘柄について売買のタイミングから購入理由まで知らなければ気が済まないという勉強熱心な方だと、合わない可能性があります。

もちろん、個別株もやって投資信託もするというのが、分散投資の観点からはベストです。ですが、時間や知識量が原因で投資を断念した方でも始めやすいというのが、投資信託の一番の特徴です。

投資信託の始め方

投資信託を始めようと思ったらどうすれば良いのでしょうか。まずは、証券会社や銀行など投資信託を取り扱っている金融機関に口座を開設しなければなりません。

口座を開設した後は、商品を選んで購入するだけです。ですが、最も時間がかかり、難しい部分は「どの銘柄を買うか」という点だと思います。いかに主な投資信託の種類を掲載しますので、ご参考にしてください。

2つの大きな分類

小銭

投資信託はまず、「公社債投資信託」と「株式投資信託」の2つに大別されます。

「公社債投資信託」はその名のとおり、公共債や社債などの債券にしか投資を行わない投資信託です。

債券のみですから、当然収益性は高くなりませんが、比較的安定的に分配金収入などを得ることが可能です。

ただし、通常の債券とは違い、内部で債券の売買もやっているため、値段が変動することがあり、通常の債券を保有する場合よりは値段変動が激しくなる場合があります。

次に、「株式投資信託」ですが、こちらが多くの投資信託の形式です。例えば、株式投資信託であっても債券だけを保有することもできますし、債券と株式両方保有することができます。

そうした事情から、分類だけは株式投資信託で、実際は債券投資が中心の投資信託も存在しています。

また、投資対象の地域によっても分類されます。

  • 国内投資信託  主に国内の投資対象に投資を行う投資信託です。
  • 海外投資信託  主に国外の投資対象に投資を行う投資信託です。

その他の分類方法

スポンサーリンク
  • ETF(上場投資信託)  主にインデックス(指数)を投資対象とし、東京証券取引所へ上場している投資信託です。株のように売買することができます。
  • REIT  不動産を投資対象とする投資信託です。海外不動産へ投資するものもあれば、国内だけのものもあります。

投資信託の稼ぎ方

ビル

投資信託で稼ぐにはどのようにすればよいのでしょうか。大きく3つに分けて分類しました。

シンプルにできるものもあれば、チャートを駆使してポイントを掴む必要があるものなど多種多様ともいえるので、まずは簡単に稼ぎ方を解説していきます。

ETFの場合

投資対象がETFの場合は簡単です。株と同じように、値上がりしたら売り、値下がりしたら買います。簡単と言えば簡単ですが株価同様、利確や損切りができるかがポイントと言えます。

また、分配金もでますが、基本的には値上がり益(キャピタルゲイン)を追求していく形になります。

年1・2回決算の投資信託

投資信託には毎月決算をするものと、年に1、2回だけ決算をするものがあります。

年1、2回決算をするタイプの投資信託の場合は、「値上がり益」を狙って売買で収益をだすか、「分配金」を再投資して複利運用をしていくようにすると高い利益を出すことができます。

毎月決算(毎月分配)の投資信託

毎月決算(分配)型の投資信託の場合、収益は毎月の分配金です。

例えば上場以外のJ-REITファンドなどもこれに当てはまる場合が多く、毎月出る利回りと値上がりによる収入を狙うことができます。

ファンドとしても分配金を毎月放出しているため、年1、2回決算のファンドと比較すると、値上がりによる利益が出しにくい体質になっています。

その他

チャート
毎月分配型投資信託をうまく活用することで、将来に備えることができます。毎月分配型の投資信託の分配金は、必ずしも全てが利益になるとは限りません。

ファンドが利益を出せていなくても分配金は出さなくてはいけませんから、当然ファンドの資産を切り崩して分配金を出します。

そうすると「特別分配金」といって、元本はマイナスになりながらも、分配金が支払われる状況になります。

もちろん儲かればそれが一番いいのですが、特別分配金の割合が多くても、毎月分配型ファンドの強みは「毎月安定した収入が入ってくる」という点にあります。

つまり、預けたお金を運用しながら、年金のように毎月受け取っていると考えることができます。上手に活用することで、年金の補助にしたり、定期的な家賃の支払いなどに充てたりと幅広い使い方ができます。

まとめ

以上が、始める前に読んで欲しい初心者にわかりやすい投資信託の稼ぎ方でした。理解できましたら後は口座開設するだけです。

投資信託を始めるのにおすすめの証券会社は下記ブログで紹介されていますから、参考にしてみてください。

国内の証券会社で屈指の人気を誇るSBI証券ですが、なぜこれほどまでに人気があるのでしょうか。手数料の安さだけでなく初心者向けの内容が揃っているのも人気の一つと言えます。また株式取引はもちろんのこと、FXや投資信託、CFDや先物までありとあら
スポンサーリンク
厳選記事
スマホで稼ぐ種類とコツすきま時間を利用した効果的な稼ぎ方
ここではスマホでお小遣い稼ぎや副業する方法などを紹介しています。自分のライフスタイルにあったものを見つけて、しっかり稼ぐコツを掴んでいきまし...
おすすめポイントサイトを徹底比較!安全なお小遣いサイトを選ぼう
ここでは人気のポイントサイトからマイナーな所まで幅広く紹介していきます。特徴もそれぞれ載せているので、自分のライフスタイルに合ったお小遣いサ...

シェアお願いします!

スポンサーリンク