治験アルバイト(モニター)で稼ぐなど人の役に立つ稼ぎ方を紹介


スポンサーリンク

やっぱり人生生まれたからには、人の役に立ちたいと思う人は数多くいます。

そんな中で、どのようなことを行えば人の役に立ちながらお金を稼げるかここでは色々調べた内容を書いていこうと思いますので、参考にしてみてください。

以外に高報酬のものもありますので、やってみる価値はあると思います。行動力で大きく稼いでみましょう。

役立つ稼ぎ方

握手
探せばたくさんあるであろう、人の役に立つ稼ぎ方をいくつかピックアップしてみました。

  • 治験アルバイト(モニター)
  • ブログライター
  • 動画投稿
  • 書籍出版

治験アルバイト

体で人のために役に立って稼ぐなら、この治験アルバイトが最も役立てる稼ぎ方だと思います。謝礼金などの報酬も高額なものが多く、短期で勝負したい人にもおすすめと言えるでしょう。

ちなみに治験とは、治療を兼ねた臨床試験を行うことでそれによって新しい薬を開発することで、世の中の役に立ちながら報酬を得られるお仕事のことを指します。

特に発売前の新らしい薬の効果や安全性を分析する事が目的なので、リスクも当然ありますが、その分報酬も期待できるというわけです。

薬だけでなく、健康食品や美容関連もあるので、薬に抵抗がある人ならこのあたりに挑戦してみるのもよいでしょう。

治験で稼げる企業例

などなど。いずれも役立つことで稼げますから、どれか一つチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ブログで情報発信

パソコン
一番簡単で手っ取り早いのが、いま記事を読んでいるブログでの情報発信です。

嘘いつわりなく様々な役立つ情報、知識、貴重な体験、経験則などを発信していけば、読んでいる人は感謝することでしょう。

こういった情報は、独学でも可能なので社会に役立つ内容をいろいろ調べて書いていきましょう。よくネット検索でみられるまとめサイトなどもこういった役立つブログを集めて公開しています。

でもこういったまとめサイトは、あまり内容がないと言えばなくあくまでオリジリナリティに乏しいのも事実です。

話はそれましたが、ブログを書き続けることで読者を増やしていきそれによって広告収入を得ることで人の役に立ちながらお金を稼ぐことが可能となります。これを世間ではアフィリエィトと言います。

スポンサーリンク

プロレベルの人で毎月数百万円稼いでいますから、一般人でもその1/10は決して夢ではありません。

私自身も先月50万円を突破したばかりですから、一介のサラリーマンや主婦でも十分にチャンスは存在します。初心者の人は無料ブログから始めて、どのようなものかチャレンジしてみましょう。

動画投稿

例えば役立つ情報を自分が持っているなら、最も人に見せるのが分かりやすいと言えば動画投稿です。

文字や画像よりも相手に最も伝わりやすいのが、この動画で見る人にも最も伝わりやすい伝達手段と言えるでしょう。

動画投稿もyoutubeならアカウントをとれば簡単にできるので、何か役立つ情報があれば動画投稿を始められてみてはいかがでしょうか。

ちなみに動画投稿で稼ぐには、グーグルアドセンスといった広告媒体のアカウント作成が必要となってきます。

いずれも無料で可能なので、これを機にアカウント開設をしておきましょう。グーグルとyoutubeは同じグループなのでGメールなどのアカウントがあればすぐにでも始められます。

広告に関しては審査があるので、少し時間がかかりますが一般常識レベルであればほぼ問題ないでしょう。

アダルトや薬、酒やタバコ関連はNGなので、簡単に考えるなら子供の教育で問題ない常識レベルの内容なら審査も問題ないと思っておきましょう。

書籍出版

文字通り書籍を書いてお金を稼ぐ方法です。当然ながら内容がない本を書いても売れませんから、人の役に立つ情報であればあるほど売れる可能性は高いと言えます。

そうは言っても出版するにはたくさんのお金が必要なのでは?と思う人も数多くいると思いますが、時代は電子データと変わってきました。

そうなると以外に低コストでも稼げますし、中には本が売れたら初めて支払いが発生するなどという、お金がない人には非常にありがたいシステムが存在します。

要するに知っておけば、リスク0でできるので、まずは一冊何かしら書き上げてみましょう。時間がある学生などには特におすすめできる方法と言えます。

詳しくは下記で紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

ベストセラーを目指せ!自費出版の費用を抑えて本を書いて稼ぐ方法

まとめ

matome
以上が人の役に立って稼ぐ方法でした。当然ですがまだまだほかの方法はたくさん存在します。

どうせ稼ぐなら人の役に立ちたいと思う人は上記にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

役に立つのもよし、大きく稼ぐ方法を探すのも面白いですし、どちらにしろやりがいのある内容を探してみるのが一番良い方法だと言えるでしょう。